HiT JDBC/400はOracle Data Integratorの推奨JDBCドライバです


HiT JDBC/400はDB2/400データ・サーバーの作成する場合、Oracle Data Integratorの推奨JDBCドライバです。

DB2/400データ・サーバーの作成:

DB2/400データ・サーバーは、特定のユーザー・アカウントに接続され、AS/400システムにインストールされた1つのDB2データベースに対応します。このユーザーは、このシステムのライブラリ(データ・サーバーの下に作成されたOracle Data Integratorの物理スキーマに対応)にアクセスします。

タイプ4のDB2/400用JDBCドライバを使用するのが適切です。HiT JDBC/400ドライバをお薦めします。これらのドライバでは、TCP/IPネットワーク・レイヤーを直接使用するため、他のコンポーネントをクライアント・マシンにインストールする必要はありません。

ODBCを通じて、マシンにインストールされたIBMクライアント・アクセス・コンポーネントと接続することも可能です。この方法では、あまり高いパフォーマンスを得ることはできず、リバース・エンジニアリングなどのいくつかの機能もサポートされません。そのため、この方法はお薦めしません。

HiT JDBC/400
このドライバのライセンスは、Oracle Data Integratorとは別に供与されます。詳細は、www.hitsw.comを参照してください。

接続情報
システム管理者から次の情報を入手する必要があります。

AS/400システムのネットワーク名またはIPアドレス

AS/400ユーザーのログインおよびパスワード

データ・サーバーの作成

DB2/400データ・サーバーを作成する手順:

1.トポロジ・マネージャに接続します。

2.ツリーで「トポロジ」→「物理アーキテクチャ」→「テクノロジ」→「IBM DB2/400」を選択します。

3.右クリックし、「データ・サーバーの挿入」を選択します。

4.「定義」タブで、次のフィールドを入力します。

*名前: Oracle Data Integratorに表示されるデータ・サーバーの名前

*ユーザー/パスワード: 少なくともデータ・ライブラリに対する選択権限と、このデータ・サーバーの下に作成される物理スキーマで示される作業ライブラリに対する選択、挿入およびオブジェクト作成権限を持つパスワード付きのAS/400ユーザー

5.「JDBC」タブで、使用するドライバに応じて次のフィールドを入力します。

*IBM JT/400ドライバを使用する場合:

*JDBCドライバ: com.ibm.as400.access.AS400JDBCDriver

*JDBC URL: jdbc:as400://<network name or IP address of the AS/400 machine>

*HiT JDBC/400ドライバを使用する場合:

*JDBCドライバ: hit.as400.As400Driver

*JDBC URL: jdbc:as400://<network name or IP address of the AS/400 machine>

6.「テスト」をクリックします。

7.テスト接続ウィンドウの「テスト」をクリックします。

8.接続に成功したことを示すウィンドウが表示されます。「OK」をクリックします。接続に失敗した場合は、「DB2/400での一般的エラー」を参照してください。

9.「OK」をクリックしてデータ・サーバーの作成を承認します。

このデータ・サーバーの最初の物理スキーマに対応する作成ウィンドウが表示されます。
DB2/400の物理スキーマの作成」を参照してください。

関連したトピックス