ERP2: マルチラインレベルでのアップロード


今回はマルチラインレベルでSAPにデータをアップロードする手順をご紹介します。
シングルラインと同じく、3つのステップで簡単にアップロードできます。

■ステップ1:テンプレートの記録

1. ホーム画面より、「Record a Template」をクリックします。

2. Transaction Code にここでは「FB50」を指定します。

3. Load File Options タブを選択し、「Create Load File」のチェックを外します。

4. Recording Options のタブを選択し、「Batch Input」のチェックを外し、「Record Template」ボタンを押下します。

5. 下記のダイアログが表示された場合は「Yes」を押下します。

6. SAP GUI の画面が開きますので、必要事項を入力し、Enter します。

7. 下記のダイアログが表示されますので、チェックボタンを押下します。

8. 「close」します。

9. ホーム画面より、「View Templates」をクリックします。

10. 先ほど作成したテンプレートを選択し、「Edit Template」を押下します。

11. BDC Contents タブを選択後、データを選択し、赤く囲まれた部分を右クリック⇒「Increment Loop Level」をクリックします。

12. Loop 1.1 という項目が追加されました。ここで「Save Changes」をクリックします。

13. 「Create Load File」をクリックします。

14. Looped Template Options が「Create Multiple Sheets」になっていることを確認し、「OK」を押下します。

15. Excel のファイル名を指定します。

16. 「Close」します。

■ステップ2:データの登録

1. Excel が開きます。シートが複数あることを確認します。

2. それぞれのシートにレコードを追加します。追加部分には分かりやすく緑色にしてみました。

■ステップ3:データのアップロード

1. メニューの部分のUpload を押下し、先ほどのExcel を選択し、右側の「Upload」をクリックします。

2. SAP へのアップロードが完了すると下記の画面が表示されます。

 

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください