StambiaのSAPとの接続ツール: Open Connector for SAP


Open Connector for SAPは、SAPアプリケーションと簡単に連携することが出来るStambiaのコネクタです。他のコネクタと同様に使用することで下記のようなメリットがあります。このため、データ統合処理では高いパフォーマンスを発揮します。

・ELTのアプローチ
・ネイティブツールによる実行
・SAPの特別性(Idoc /Bapis /Rfc)の活用

また、Stambiaのテンプレート機能を利用することで、顧客のニーズに合わせ、最適なデータ統合開発を提供します。このテンプレートは事前に用意されています。

SAP-Connector

ネイティブリバースエンジニアリング

Stambiaは、Idocs、Bapis、RFC、SAPの特定のテーブルなどに設定されている説明、および他のメタデータの特定性など、あらゆるタイプの情報をリバースエンジニアリングで読み込むことができます。また、SAPのネイティブデータ型と構造(ImportParameters、ImportStructures、Table、ExportParameters、ExportStructure)をサポートしています。情報の階層は、SAPで表現されている通りで表示されます。

メタデータはSAPモジュールによって編成され、選択された言語では、ユーザの言語内でラベルのリバースエンジニアリングを可能にします。

SAP-Screenshot1

インテリジェントな統合と抽出の方法

Stambiaは、データを統合または抽出するためにSAPに適合した特定の方法を使用します。Bapis/Rfcの関数を使用して、SAPとの同期統合または交換プロセスの作成、または特定のトピックのすべてのデータを取得できます。Idocsは、非同期またはほぼリアルタイムでデータを統合または抽出するために使用できます。

最後に、ユーザはSAPのWebサービス層を介して、標準のStambia Webサービス接続を使用してSAPとの間でデータの送受信を行うことができます。

SAP-APITypes

Stambia SAP Connectorの使用

このコネクタは、次のような場合に特に便利です:

  • SAPとのデータ移行
  • SAPをソースとして使用したビジネスインテリジェンスデータロードプロジェクト
  • 他のアプリケーションとのリアルタイムデータ交換(電子商取引、CRMなど)
  • SAPまたはデータをマスターする別のアプリケーションによるマスターデータ管理プロジェクト

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください