ExcelのデータをSAPへ~3ステップで簡単アップロード~


Syniti Data WorkbenchはExcelへ入力したデータをSAPへアップロードすることで、SAP管理者以外のSAPに詳しくないユーザーであっても、簡単にSAPを運用する助けとなるツールです。

この記事では、Syniti Data WorkbenchがExcelのデータをSAPへアップロードするまでの3つのステップを紹介します。

Syniti Data Workbench はExcelファイルからSAPにデータをアップロードするための手段としてSAPトランザクションコードを使用します。必要な手順は次のとおりです。

  1. テンプレートを記録
  2. ロードファイルにデータを入力
  3. データ/ロードファイルをSAPにアップロード

ステップ1:テンプレートを記録

記録を開始する前に、SAP GUIでトランザクションを確認し、データをアップロードするときにExcelファイルに必要なフィールドを決定します。

1. Data Workbenchで、テンプレートをレコードをクリックして、 テンプレートレコーディングページを表示します。

2. トランザクションコードMM02を入力し、レコードテンプレートをクリックします。システムにまだログインしていない場合は、ログオンするように求められます。SAP GUIが開き、トランザクションが開始されます。

3. SAPGUIで通常行うのと同じようにトランザクションを実行します。正確に記録するには、PageDownキーを使用してページを下にスクロールします。「タッチ」されたすべてのフィールドは、最終的に、データのロードに使用されるExcelファイル(ロードファイル)の列になります。次のいずれかのオプションを使用して、フィールドに「タッチ」します。

・スペースを追加して削除します。

・値を削除して再入力します。

・値を完全に変更します。

4. 記録が完了したら、通常どおりに保存をクリックするか、トランザクションを終了します。

ステップ2:ロードファイルにデータを入力

Excelのロードファイルが自動的に作成されます。ロードファイルの列は、記録中に「タッチ」されたフィールドを表します。最初の行はSAPのフィールド名を表し、2番目の行はSAPからの説明を表し、3番目の行はアップロードされないデータのサンプル行であり、データフォーマットの参照としてのみ使用されます。

1. ロードファイルにデータを追加します。

2. ロードファイルにデータが入力されたら、保存して閉じます。

ステップ3:データをSAPにアップロード

1. SAPにデータをアップロードに移動します。

2. 入力したばかりのロードファイルに移動します。

3. アップロードをクリックしてすぐに実行するか、ファイルを後で実行するようにスケジュールします。

SAPから返されたすべてのメッセージが詳細ペインに表示されます。

このように簡単3ステップでSAPにデータをアップロードすることが可能です。14日間利用可能な評価版もあるので、SAPをご利用であれば、ぜひ一度お試しください。

お問合せはこちらまで。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください