SAPのデータを利用しやすいExcelへ簡単ダウンロード


Syniti Data WorkbenchはSAPに保存されたデータをExcelファイルにダウンロードすることも可能なツールです。Excelファイルとして出力することで、データの加工や別アプリケーションでのデータの利用などが簡単に行えます。

この記事では、クエリを作成し、SAPからExcelファイルにデータをダウンロードする方法について説明します。

1. クエリを作成

2. データのダウンロード

ステップ1. クエリを作成

1. データをSAPからダウンロードをクリックします。

2. はじめてクエリを作成する場合は、ディクショナリの更新をクリックします。この手順により、クエリを作成する前に、最新のテーブルとデータ型の情報が読み込まれるようになります。

3. SAP GUIアプリケーションは通常、このプロセス中のいくつかの時点で許可を求めます。SAP GUIダイアログで許可をクリックするか、SAP GUI構成のセキュリティ設定を変更してダイアログを回避します。

※SAP GUIポップアップがData Workbenchウィンドウの背後に表示されているため、表示されていない可能性があります。Data Workbenchの応答が遅いと思われる場合は、ALT-TABを使用して、入力を待機している非表示のウィンドウがあることを確認します。

4. 辞書の更新が完了したら、新規クエリをクリックします。

5. 新しいクエリの名前を入力します。

6. クエリデザイナでダウンロードしたいデータを含む1つまたは複数のテーブルを選択します。

7. テーブルごとに、フィールド名の横にあるチェックボックスをクリックして、クエリに含めるフィールドを選択します。

8. 論理演算子を使用して、データをさらにフィルタリングすることができます。

ステップ2. データのダウンロード

1. ダウンロードを実行するには、クエリデザイナからダウンロードをクリックする、またはクエリに保存をクリックしてクエリデザイナを終了し、ダウンロードをクリックします。

2. 保存されたクエリを表示するには、すべてのクエリを選択していることを確認してください。クエリをタグにドラッグアンドドロップすることで、クエリをタグに割り当てることができます。

3. ダウンロードをクリックした後、クエリ制限ダイアログで値を設定することにより、ダウンロードされるレコードの数を制限できます。

4. Excelファイル名を設定し、ダウンロードが完了すると、Excelファイルが自動的に開きます。

このように簡単な操作でSAPのExcelにダウンロードすることができます。14日間利用可能な評価版もあるので、SAPをご利用であれば、ぜひ一度お試しください。

お問合せはこちらまで。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください