Stambia Component for SAPの機能紹介


Stambia Component for SAPを使用すると、SAP ECCに接続して、さまざまなビジネス・モジュールのメタデータをすべてリバース・エンジニアリングすることができます。

SAP はメタデータに高度に暗号化された命名規則を持っているため、Stambia はメタデータの周りのすべての記述をリバースさせ、ユーザがメタデータを正しく識別できるようにします。

このコンポーネントは、SAPがネイティブで提供しているものに基づいてデータを抽出したり、書き込んだりするためのさまざまな方法を提供します。

これらの抽出プロセスはStambiaでテンプレート化されており、シンプルで一貫性のある方法で設計することができます。

ドラッグ&ドロップのインターフェイスを使用して、任意のタイプの抽出プロセスを設定することができます。

これらがどのようなものかを紹介します。

BAPI / RFC

BAPI(Business Application Programming Interface)は、既存のSAPシステムにユーザのためのインターフェースとして機能するリモート・ファンクション・コール(RFC)対応の機能モジュールです。

例として、発注書を作成するには、標準のBAPIを呼び出して必要な詳細を提供することができます。

Stambiaでは、これはユーザがソースアプリケーションからSAPにデータをフィードするためのマッピングデザインを作成する例になります。SAPからデータを抽出することは、別のBAPIのセットになります。

ユーザはカスタムBAPIを開発し、Stambiaの構造を逆にしてデータマッピングに使用することもできます。


SAPテーブル

SAPテーブルは、シナリオによっては直接アクセスすることもできます。

Stambiaは、これらのテーブルのデータの抽出またはロードを管理するためのSAP Open SQLステートメントを持つテンプレートを提供しています。

Stambiaは、透過テーブル、プール・テーブル、クラスタ・テーブルを違いなく管理することができます。

IDOCS

データはIDOCの形式でシステム間で交換することができます。

インバウンドまたはアウトバウンドのIDOCは、Stambia内で、同じ種類のドラッグ&ドロップインターフェースで管理することができます。

ユーザは、2つのSAPプロセス間、またはSAPから外部システムへのデータの移動を設計することができます。

Web Services

SAPシステムからデータを交換するもう一つの方法は、Webサービスを利用することです

Stambiaは、XMLベースの記述をWSDL経由で使用したり、RESTウェブサービスのJSON構造を使用して構造をリバースさせることができます。

StambiaはSOAPとHTTPプロトコルで動作します。

SAP BW

Business Warehouse in SAP (SAP BW)は、Stambiaでも接続することができます。

ユーザは通常、SAP BWからデータを引き出して分析レイヤーで様々な洞察を得ることができます。

Stambiaは、OLAPキューブからデータをオンプレミスまたはオンクラウドの任意のターゲットデータベースに移動するためのステップをテンプレート化しています。

Data Extractors

SAP BWへの直接アクセスとは別に、StambiaはSAP BW OLAPキューブを供給するデータ抽出器と連携することもできます。

キューブへのアクセスが制限されているシナリオでは、このアプローチが有効であり、柔軟性を提供します。

SAPの複雑性を簡素化し、統一されたStambiaソリューションを使用

Stambiaはどんなテクノロジーでも動作するように複雑なテンプレートを作成します。SAPの場合、テンプレートはBAPI / RFCを呼び出すか、IDOC形式で動作し、SAPテーブル、データ抽出器、SAP BWテーブルなどからデータを処理するための多くのアクションを実行するためのABAPコードを生成するために構築されています。

ユーザとしては、Stambia workbenchを使用して設計に集中し、特定の抽出プロセスに基づいてテンプレートを選択するだけです。これは、手動でこれらのABAPコードを書くよりもはるかに少ない労力でデータ・パイプラインの設定を簡素化できます。

一方、Stambiaは、SAP ASE、SAP Sybase IQ、SAP S / 4 HANAなどのような異なるSAPシステムのためのコネクタのすべてのタイプを提供しています。その統一されたアプローチでは、ユーザは一つのSAP技術から別のものに移動するのと同じ方法で設計を続けられます。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください