AS/400(IBM i)で稼動するJD Edwardsを使用していますか?


●AS/400(IBM i)で稼動するJD Edwards用の分析でEspressReportのようなBIレポーティング・ツールが必要でしょうか?
●AS/400上でのシステム・オーバーヘッドでのクエリに問題はありますか?
●リアルタイム・データが必要だけれど、夜間バッチしか利用できませんか?

DBMotoはIBM DB2 for i (AS400)と多くのリレーショナル・データベースとのリアルタイム・データ・レプリケーションをサポートします。

主なサポートデータベース: Oracle®, Microsoft® SQL Server®, Informix®, MySQL™, Netezza®, Sybase®, PostgreSQL, DB2 for Linux, UNIX, Windows, z/OS, IBM i 。

主な機能:

●ユーザ・フレンドリな管理用のGUIで、AS/400プログラミングは不要
●インストレーションと保守が簡単
●IBM iシステムに特化したサポート
●IBM DB2 for iに特化した高速 .NETプロバイダ(Ritmo)をコネクティビティに使用
●IBM i ジャーナルをレプリケーション用のイベント・ログに使用
●2バイト用の主なCCSIDをサポート
●DBMotoの Management CenterからIBM i用の設定をすべて管理
●トランザクション数の制限が無い

DBMotoとJD Edwardsの導入事例:
//www.climb.co.jp/blog_dbmoto/archives/230

注:CDC(Change Data Capture)=リアルタイム・データ・レプリケーション

関連したトピックス