SAPとレポート・ツール「EspressReport」との連携について【Javaチャート・グラフ作成ツールEspressChart】


EspressReport(EspressChart)」の主なコンポーネントを使用して、クライアントからEspressManagerに接続することに関しては、
3つ方法(①アップレット、②チャートデザイナー、③チャートAPI)があります。

【SAPとEspressChart/EspressReport連携アーキテクチャ】

これにより、SAP R/3の財務会計、販売管理、在庫/購買管理、生産計画/管理、財務会計、管理会計など標準機能の各モジュールと連携した業務アプリケーションをシームレスに『EspressChart/EspressReport』上で実装することが可能となります。また、他のアプリケーションとも柔軟に連携可能なため、システムの可用性を高め、複雑化する業務アプリケーションの操作性を『EspressChart/EspressReport』で飛躍的に向上させることが可能となります。

今後、クライムでは、SAP R/3テクノロジーと連携を深めることにより、ERP分野におけるソリューションを提供してまいります。

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください