N2WSで、SAP HANA on AWSデータのバックアップとリカバリを自動化する手法


Protect SAP workloads running on AWS

N2WSのSAP HANAバックアップ機能は、N2WSのアドバンスド・エディション以上で利用可能です。またサポートはVer4.1からになります。

N2WSを使用したバックアップとリカバリの自動化のプロセスは、非常にシンプルで簡単です。設定を完了するための前提条件として、SAP HANAのSIDとインスタンス番号が必要です。

SAP HANAバックアップを構成するには、通常のプロセスに従ってインスタンスを追加します。次に、SAP HANAバックアップを有効にするチェックボックスを選択し、下図のようにSystemDBデータベース(SAP HANA内部データベース)への接続を追加します。

sap hana data backup configuration

図1:SAP HANAデータのバックアップを有効にする

また、バックアップデータを保存するS3レポジトリを選択する必要があります。これは、S3オブジェクトロック機能を持つイミュータブルバケットにすることができます。

sap hana backint agent aws

図2:バックアップ保存用のS3レポジトリ

SAP HANAシステムは、複数のデータベース-テナント(データ)とsystemDB(テナントへの接続)で構成されています。バックアップが設定されると、テナントとsystemDBのネイティブスナップショットとSAP HANAスナップショットの両方が表示されます。

sap hana backup log

図3:バックアップ・ログ

リカバリには、新しいインスタンスへの完全なインスタンス/SAP HANAリカバリ、または元のインスタンスへのスナップショットリカバリの2つのオプションがあります。後者は、データの損失や破損が発生した場合に、ポイントインタイムでリカバリするのに役立ちます。フルリカバリを開始すると、まずインスタンスが作成され、その後S3からデータベースがリカバリされます。

クリーンアップのプロセスは他のバックアップターゲットと同じで、すなわち定義されたポリシーに従ってクリーンアップが行われます。本サービスでは、インスタンスとデータベースの両方のバックアップが可能です。DBの場合は、ディスクへの追加バックアップとなります。

S3へのコピーはフルバックアップのみとなります。SAP HANAのバックアップの詳細は、N2WSが提供するデフォルトのレポートでカバーされています。また、現在SAP HANAのバックアップにはS3層はサポートされていないことに注意が必要です。

SAP HANA on AWS architecture using N2WS to orchestrate backup and recovery

図4:N2WSを使用してバックアップとリカバリをオーケストレーションするSAP HANA on AWSのアーキテクチャ

N2WSはユーザのSLAとコンプライアンス目標達成に関してどのように貢献するか

N2WSは、SAP HANAデータベースのクラウドネイティブな保護を通じて、ユーザのSLAおよびコンプライアンス要件への対応を支援します。このサービスの主な特徴は以下のとおりです。

●SAP HANAインスタンスとインメモリデータベースを1クリックで数分以内にリカバリし、定義されたRPO/RTOとSLAを遵守できるようにします。
●SAP HANAデータの地域横断的なリカバリーにより、地域ごとの停電から保護します。
●SAP HANAデータベースのバックアップは、Amazon S3に不変のバックアップとして保存されるため、復旧プロセスを遅らせるために改ざんすることはできません。(対ランサムウェア)
●S3バケットに保存されたデータを、Amazon S3 GlacierやDeep Archiveなどの安価なストレージ層に自動的にアーカイブし、長期保存とコンプライアンスを実現することができます。
●データとバックアップがユーザの環境に残るため、データを完全にコントロールできる (N2WSが管理するアカウントは、プロセス中にデータにアクセスしません。)

SAP HANAのデータ保護はすべての企業にとって最優先事項ですが、N2WSのSAP HANAバックアップはこのプロセスをよりシンプルに、より迅速にします。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください