Amazon Web Service(AWS)」カテゴリーアーカイブ

N2WS AnySnap Archiver : 新規データ・ライフサイクル管理機能

このN2WSの最新機能では、特に新ユーザ向けに、いつ、どのように行われたかに関わらず、以前に作成された既存のEBSスナップショット(つまり、N2WSで行われていないAWSのEBSスナップショット)をインポートし、それらの … 続きを読む

タグ: , , , | コメントする

Splunk との統合 | N2WS Backup & Recovery | New

Splunkは、データをリアルタイムで集計、レポート、分析するエンタープライズレベルの監視プラットフォームの代表格です。N2WSとSplunkの共同ユーザは、Splunkプラットフォームを介して貴重な洞察やアラートを確認 … 続きを読む

タグ: | Splunk との統合 | N2WS Backup & Recovery | New はコメントを受け付けていません

N2WSとDatadogの統合方法 : AWSアカウントをリアルタイムで完全に可視化

N2WS と Datadog の統合を使い始める方法を紹介します。このガイドでは、すでに N2WS Backup and Recovery を使用していることを前提としています。

タグ: , , | コメントする

【Veeam Backup for AWS 3.0新機能】スクリプト指定によるEC2インスタンスバックアップの対応強化

前回のブログに引き続き、Veeam Backup for AWS 3.0の新機能について紹介します。 これまでのVeeam Backup for AWSでは、EC2インスタンスのバックアップにおいて静止点取得処理はあらか … 続きを読む

タグ: , , , , , , , | コメントする

【Veeam Backup for AWS 3.0新機能】Amazon RDSのバックアップ対応

Veeam Backup for AWSはAmazon EC2インスタンスのバックアップをノンコーディングで構成できるソリューションですが、最新版3.0のアップデートによってAmazon RDSのバックアップも構成できる … 続きを読む

タグ: , , , , , | コメントする

AWSユーザのためのVeeamのVeeam Backup for AWS v2の新必見機能!!

VeeamのVeeam Backup for AWS v2の新機能と、それについて知っておくべき重要なことを紹介します。 AWSディザスターリカバリー 今回導入された主な機能の1つがスナップショット・レプリケーションで、 … 続きを読む

タグ: , | AWSユーザのためのVeeamのVeeam Backup for AWS v2の新必見機能!! はコメントを受け付けていません

AWS S3 Glacier Vaultsに代わり、AWS S3 Glacierストレージクラスの活用

CloudBerry(MSP360) BackupのAWS S3 Glacier Vaultのサポート終了にともない、AWS S3 Glacierをストレージクラスとして使用することを推奨します。現在のストレージ使用料は … 続きを読む

AWS S3 Glacier Vaultsに代わり、AWS S3 Glacierストレージクラスの活用 はコメントを受け付けていません

N2WS Backup and Recovery v3.1 – 次世代の AWS クラウドバックアップを新しいレベルへ

N2WS Backup & Recovery v3.1が正式リリースされました。このN2WS v3.1 は、AWS のバックアップとリカバリの最先端のソリューションを、次のレベルに引き上げます。このバージョンでは … 続きを読む

タグ: , , , , | コメントする

Grandfather-Father-Son(GFS)ストラテジー(戦略)とAWS

クラウドが登場する以前は、ストレージは高価であるだけでなく、非常に限られていました。 GFSバックアップ・スキームは、ストレージ・スペースの貴重なリソースを節約するための重要なスマート戦略の1つでした。

タグ: | コメントする

Amazon Glacierへのアーカイブがもたらす大きなコストメリット [N2WS Backup & Recovery v3.0]

N2WS Backup & Recoveryは登録したAWSアカウントに紐づいている EC2インスタンスやRDSなどのAWSリソースのバックアップ/リストアを コーディングすることなく、簡単に行えるソフトウェアと … 続きを読む

タグ: , , , , | コメントする

Veeam v10新機能予告:Immutable (変更不可)でランサムウェア対策

ランサムウェアなど、データを改ざんする攻撃による被害をどのようにすれば防げるのか、これは大きな課題です。ネットワークへの侵入され、特権アカウントへのアクセスを許してしまうという最悪のケースでは、オンプレのデータ消去だけで … 続きを読む

タグ: , , , , , , , | コメントする

VeeamでVMware Cloud on AWSのデータ保護を行う際の考慮事項

こちらの記事では、Veeam Backup & Replicationを使用し、 VMware Cloud on AWS 環境のバックアップや、オンプレミスVMwareからの移行が間単に実施できることを、ご紹介さ … 続きを読む

タグ: , , , | コメントする

Webセミナー録画 [『VMware Cloud on AWS』×『Veeam』移行/データ保護の最適解はこれだ!] 2019/05/16開催

AWS上にvSphere環境を簡単に構成できる『VMware Cloud on AWS』。 昨今話題となっている本サービスですが、実際に導入を検討/運用する上で、下記のような悩みが生じていませんか? ・オンプレミス環境か … 続きを読む

タグ: , , | コメントする

Webセミナー録画 [Veeam新機能 徹底解説 Part 5:コーディングや複雑な操作は不要! オンプレミス、AWSのバックアップの統合管理はVeeamにお任せ!] 2019/04/18開催

今回は『Veeam Availability for AWS』をご紹介します。 Veeam Availability for AWSであればコーディング不要、Webブラウザ上のクリック操作のみでAWSネイティブなバックア … 続きを読む

タグ: , , | Webセミナー録画 [Veeam新機能 徹底解説 Part 5:コーディングや複雑な操作は不要! オンプレミス、AWSのバックアップの統合管理はVeeamにお任せ!] 2019/04/18開催 はコメントを受け付けていません

Veeam最新情報!Veeam Vanguard Summit 2018レポート①:AWS関連機能

10月16、17、18日にVeeamのR&D部隊のいるチェコ、プラハにてVeeam Vanguard(開発元が認定する外部技術員)向けの情報展開があり、クライムも参加してきました。ここで展開される情報には、開発元 … 続きを読む

タグ: | コメントする

閉じたネットワーク環境でも! ZertoでAWSレプリケーション

オンプレミスの仮想環境からAWS環境にレプリケーション可能なZerto Virtual Replication。 AWS環境とのレプリケーション実施の際は、下記図のようにオンプレミス環境にゼルトバーチャルマネージャー(Z … 続きを読む

タグ: , , , | コメントする

保護中: Zerto AWSレプリケーションをプライベート環境で実施する際の設定例

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

タグ: , | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

CloudBerry Backup におけるAWS Snowballとの連携

CloudBerry Backupは膨大なデータを難なく処理しますが、そのためのインターネット接続の可用性にまったく不安がないというわけではありません。当然ながら、数十テラバイト(あるいはそれ以下でも)のデータのアップロ … 続きを読む

タグ: | 1件のコメント

CloudBerry BackupとAmazon EC2 を使用してのP2Vディザスタリ・リカバリーの設定方法

ステップ1:バックアップ・プランの設定 ●ベアメタル・バックアップ・オプションとストレージ・デスティネーションの選択 ●新規バックアップ・プランのネーミングと必要があれば「 Save backup plan config … 続きを読む

タグ: , , | コメントする

CloudBerry Backup 4.8でユーザ・プロファイルのバックアップとAWS Snowballをサポート開始

●ユーザ・プロファイルのバックアップ方法: Create Backup Plan Wizardをオープンするために「File」をクリック ユーザがバックアップしたいファイルとフォルダを選択するBackup Sourceス … 続きを読む

タグ: , | コメントする

Amazon S3 RRSでのオブジェクトの損失:その通知設定とクラウドへの再アップロード【CloudBerry Backup】

Amazon S3 Reduced Redundancy Storage (RRS)はAmazon S3 Standard Storageよりコストが30%低いストレージ・クラスでが、オブジェクトの耐久性が99.99%と … 続きを読む

タグ: , | コメントする

CloudBerry BackupでのAWS Key Management Service (KMS)の活用方法

AWS Key Management Service (KMS)はユーザ・データを暗号化するために使用する暗号化キーを作成・管理を容易にできるマネージド・サービスで、ユーザ・キーのセキュリティを保護するためにHardwa … 続きを読む

タグ: , | コメントする

VeeamのバックアップをAmazon AWSへ2次バックアップ

ディザスタリカバリ(災害対策)のためにAmazon AWS等のクラウドストレージの利用を検討されている方も多いかと思います。そのため、本記事ではVeeam Backup & Replicationで取得したバック … 続きを読む

タグ: | コメントする

Cloud Berry Backupで、クラウドストレージ上へデータを安全に賢くバックアップ

特徴1: 豊富なクラウドストレージへの対応 Cloud  Berry BackupではAmazon S3やWindows Azureをはじめとした、様々なクラウドストレージに対応しています。以下に記載にないストレージであ … 続きを読む

タグ: , , , , , | コメントする