Ver. 6.X」カテゴリーアーカイブ

保護中: ライセンスキーの変更方法【Veeam Backup & Replication】

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コメントを読むにはパスワードを入力してください。

SAN Snapshotからの容易なVMリストア【Veeam Backup & Replication】

SAN Snapshotはストレージのパフォーマンスへの影響を最小限に抑え、高速なデータ保護が行えます。ただし、SAN Snapshotはボリューム単位で作成されるため、仮想環境のスナップショットを作成した場合、スナップ … 続きを読む

タグ: | コメントする

Version 6.5で強化されたスケジュール機能【Veeam Backup & Replication】

大々的な機能追加ではありませんがVer6.5ではバックアップ、レプリケーションジョブのスケジュール機能が強化されました。 数時間おきに実行する定期ジョブの開始時間を分単位で指定可能 指定したジョブの後に実行する設定がスケ … 続きを読む

コメントする

Veeam自身のジョブ情報や接続情報をバックアップ・リストア【Veeam Backup & Replication】

もしもバックアップサーバ自体に障害が発生し、設定情報が全て消えてしまった場合、バックアップなどを再開するために改めてESXiやHyper-Vを登録し、大量のジョブを作成するには大変な手間と時間がかかります。 しかしVee … 続きを読む

コメントする

「Veeam Backup & Replication」Version 6.5を11月1日よりリリース開始

VMware vSphere®およびMicrosoft Hyper-V対応の強力で使いやすい統合災害対策ソリューションである「Veeam Backup & Replication」Version 6.5を11月 … 続きを読む

タグ: , | 「Veeam Backup & Replication」Version 6.5を11月1日よりリリース開始 はコメントを受け付けていません。

Hyper-V仮想マシンにゲストファイルを直接リストア【Veeam Backup & Replication】

前回の記事ではVeeam Backup & Replication 6.1 Standard EditionでのHyper-V仮想マシンのゲストファイルのリストアについてご紹介させていただきましたが Hyper- … 続きを読む

コメントする

Hyper-V仮想マシンのゲストファイルを簡単にリストア【Veeam Backup & Replication】

Veeam Backup & Replication 6.1のFile Level Restore機能を用いることでHyper-Vの仮想マシン(Windows OS)をゲストファイルを簡単に素早くリストア可能です … 続きを読む

コメントする

仮想環境の変化に合わせて柔軟に対応可能【Veeam Backup & Replication】

Veeam Backup & ReplicationにWindow系のマシンを登録することで、そのマシンをバックアップやレプリケーションの処理を行うProxyサーバとして利用できます。このProxyサーバをSAN … 続きを読む

コメントする

[Version6.5 の新機能]Veeam の構成のバックアップ【Veeam Backup & Replication】

Veeam Backup & Replication Version6.5 の新機能を紹介します。 Version6.5 では Veeam の構成のバックアップ/リストアが可能になりました。 ・バックアップイン … 続きを読む

コメントする

Veeam Explorer for Microsoft Exchange

Veeam Explorer for Microsoft ExchangeはバックアップされたMS Exchange VMに対しての可視化を可能とします。仮想マシン(VM)管理者はエージェントを使用することなくExcha … 続きを読む

タグ: | コメントする

Hyper-V仮想マシンのバックアップ、レプリケーション処理サーバについて(On-host とOff-hostモード)

Hyper-V仮想マシンに対してVeeam Backup and Replicationによるバックアップ、レプリケーションを行う際にはHyper-Vの役割を有効にしたマシンで処理を行います。そのため特に設定せずにバック … 続きを読む

タグ: | コメントする

プロキシーによる仮想マシン・レプリケーションの可用性、パフォーマンス、そしてインテリジェンス[Veeam Backup & Replication]

Veeam Backup & Replication Ver6から多くの機能が加わりましたが、その1つがProxy(プロキシー)です。 多くのコンディションでは自動プロキシー選択で充分、安全なデフォルト・コンフ … 続きを読む

タグ: , | コメントする

より使いやすくなったVeeam Backup & Replication Version 6.1のインターフェイス

Ver 6.1からVeeam Backup & Replicationのインターフェイスが変更されました。大きな変更点としては、ツリービューのグループ分けと選択した項目に応じたアイコンの表示です。 Ver 6.0 … 続きを読む

コメントする

1クリックで仮想マシンをバックアップ、VeeamZipの設定方法を紹介します

一度設定を行ってしまえば、仮想マシンを1クリックでバックアップできる Veeam Backupの新機能VeeamZipを紹介します。   対象とする仮想マシンを選択し、VeeamZip to ”ディレクトリ名” … 続きを読む

タグ: , , | コメントする

VMwareおよびHyper-V VM対応VeeamZIP [Veeam Backup & Replication Ver6.1]

仮想マシン(VM)のクローン化、コピー、エクスポートは、時間がかかり、大量のリソースを消費する可能性があります。また、VMの電源を切断する必要がある場合には、業務に影響を及ぼす可能性もあります。しかし、VeeamZIPを … 続きを読む

タグ: , , | コメントする

Veeam Backup & Replicationのオプション「Low connection bandwidth(WAN環境のネットワークの負荷軽減機能)」の紹介

Veeam Backup & Replication(※以下Veeam)のレプリケーション機能のオプション「Low connection bandwidth(enable replica seeding)」について紹介します。 続きを読む

タグ: , | 1件のコメント

iSCSI VMFSボリュームとバックアップ・プロキシーでのDirect SANアクセスのヒント

Veeam Backup & ReplicationでDirect SANアクセスを利用するにはiSCSIが最も簡単な手法です。それはイーサネット上でブロック・ストレージ・プロトコールで配信されるからです。Ve … 続きを読む

タグ: , , , | コメントする

Job実行時に使用するネットワークの帯域設定手順の紹介【VMWare/Hyper-V対応 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】

Veeam Backup & Replication Veosion 6(※以下 Veeam 6)より処理時のネットワークの帯域の設定が可能になりました。 続きを読む

タグ: , , , , | Job実行時に使用するネットワークの帯域設定手順の紹介【VMWare/Hyper-V対応 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】 はコメントを受け付けていません。

Instant VM Recovery、 マイグレーション機能を使用した障害復旧方法

Veeam Backup & Replication Version 6(※以下Veeam 6)のInstant VM Recovery、 マイグレーション機能を利用しての障害復旧手順を紹介します。

Instant VM Recoveryの機能で作成した仮想マシンはVeeamのJobが起動中の間だけ存在する一時的な仮想マシンです。しかしこの一時的な仮想マシンに対してVeeamの「マイグレーション機能」を利用することでvSphere上で通常に動作している仮想マシンとして再設定して恒久的に運用を継続されることが可能です。 続きを読む

タグ: , , | コメントする

仮想マシンのリストア時のリストア先のデータストアの複数指定

Veeam Backup & Replication Version 6(※以下 Veeam 6)ではバックアップデータからの仮想マシン単位のリストア時にドライブ単位でリストア先のデータストアの選択が可能です。 続きを読む

タグ: , , , | コメントする

Restore from replica(レプリカVMを使用した運用、復旧)【VMWare/Hyper-V対応 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】

Veeam Backup & Replication Ver6よりレプリカVMを使用した復旧方法が変更になっています。Ver5ではレプリケーションにより作成されたレプリカVMは元VMに障害発生した際にFailover to replicaを行い、起動し代理で運用します。しかし、元VMが復旧してもレプリカVMの内容をFailbackさせることはできませんでしたが、Ver6ではFailover to replica、Permanent Failover、Undo Failover、Failback、Commit Failback、Undo Failbackという機能があり、
レプリカVMの内容を元VMへ反映したり、別のVMとして作成したりすることができるようになっています。
続きを読む

タグ: , , , , | Restore from replica(レプリカVMを使用した運用、復旧)【VMWare/Hyper-V対応 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】 はコメントを受け付けていません。

レプリケーション動作【VMWare/Hyper-V対応 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】

レプリケーションは、格納元(ソース)ホストから格納先(ターゲット)ホストにVMをコピーする処理です。
Veeam Backup & Replication(以下、Veeam)は、VM(レプリカ)の正確なコピーを作成し、ターゲットホスト上でそれを登録し、維持します。レプリケーションにより、実際にすぐに開始できる状態で、VMのコピーを持っていれば、ベストのリカバリ時間目標(RTO)と復旧ポイント目標(RPO)の値が得られます。最も重要な仮想マシンのRTOをゼロに近づけるために推奨されています。
続きを読む

タグ: , | レプリケーション動作【VMWare/Hyper-V対応 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】 はコメントを受け付けていません。

Restore -Failback機能 [Veeam Backup & Replication]

Veeam Backup & Replication Ver6よりリストアのフェイルバック(Failback)機能のオプションを紹介します。
リストアトップ画面より選択Failback機能は起動中のレプリカVMを停止する機能です。
Ver6から停止時の動作を指定することが可能となります。
続きを読む

タグ: , , , | Restore -Failback機能 [Veeam Backup & Replication] はコメントを受け付けていません。

Windowsサーバ追加(Add Server)【VMWare/Hyper-V対応 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】

Veeam Backup & Replication Ver6よりWindowsサーバに直接バックアップ可能となりました。 前回バージョンではLinuxサーバへバックアップ可能でしたが、新たにWindowsサー … 続きを読む

タグ: , , | Windowsサーバ追加(Add Server)【VMWare/Hyper-V対応 バックアップ & レプリケーションソフト Veeam】 はコメントを受け付けていません。

バックアッププロキシ追加(Backup Proxies)VMware設定

Veeam Backup & Replication Ver6よりバックアッププロキシを設定することが可能となりました。 バックアッププロキシを設定することでバックアップ処理のバックアッププロキシ、レプリケーシ … 続きを読む

タグ: , | コメントする