InfinioでどれだけNFSデータストアが速くなるのか?①


前回、ご紹介したvSphereのNFSデータストアの高速化ソフト、Infinio Accelerator(インフィニオ アクセラレータ)を使用することで実際どの程度高速化が可能なのか検証を行ってみました。

まず、検証環境ですが、vSpere 5.5上のWindows仮想マシンにNFSデータストア上の仮想ディスクを追加し、このディスクのベンチマークをCrystalDiskMarkで行いました。
また、条件としてはNFSデータストアの高速化を無効・有効した場合、
NFSデータストアとの接続に使用しているネットワークの帯域を1Gbps・10Mbpsで変更した場合
テストデータをランダム・0埋めデータで変更した場合で測定しています。
Infinio_1_VM

まず、1Gbpsで測定した結果です。
ランダムデータであっても、高速化を有効にすることで約1.7倍での読み取り速度になっていることがわかります。
また、実データに近い512KBごとの読み取りは通常のNFSでは速度が低下しますが、高速化により速度低下せずに読み取りが行えています。
Infinio_2_1Gbps_Randam
ネットワーク帯域: 1GBps テストデータ: ランダム

テストデータを0埋めにした場合は高速化のキャッシング機能が有効に働き、約340 MB/sで読み取りが行えています。
Infinio_2_1Gbps_0
ネットワーク帯域: 1GBps テストデータ: 0埋め

次に、10MBpsで測定した結果です。
1GBpsのランダムデータの場合に比べ速度自体は下がっていますが、10MBpsの環境とは思えない読み取り速度を実現しています。
Infinio_3_10Mbps_Randam
ネットワーク帯域: 10MBps テストデータ: ランダム

キャッシングが十分に有効なデータであれば10MBpsの環境であっても、約320 MB/sで読み取りが行えています。
Infinio_3_10Mbps_0
ネットワーク帯域: 10MBps テストデータ: 0埋め

このように、Infinio Acceleratorによって読み取り速度が大幅に高速化可能であることがわかりました。
次回は実際にアプリケーションなどで問題となる、読み取り待ち時間等が、どの程度軽減されるのかを測定した結果をご紹介します。

関連トピックス

1 Response to InfinioでどれだけNFSデータストアが速くなるのか?①

  1. Arikawa のコメント:

    今、複数のESXiによるVMFSデータストア上のマルチプラットフォームゲストOSで
    NFSを作成した場合のパフォーマンス性能改善を調査中です。
    アクセラレータいいな!どんなのだろう?と覗いてみましたが、早くなっているのは
    READのみでWRITEの速度が向上しているようには見えません。
    10GイーサLAN環境などがある場合はREAD速度は問題になりません。
    問題になるのはVMwareのデータ保証優先仕様による書き込み速度の問題です。
    より具体的にいうと、SANやNASなどのVMDKにより割り当てられたブロックに対する
    書き込みが、Write Throughであることが問題です。
    SANやNASなどのVendor準拠の設定によるWrite back cache 有効化でこの問題は解決できますが、より適切なキャッシュメモリ領域を自動で作成してくれることを期待したのですが、Write時間高速化にはこの製品は対応していないのでしょうか。
    内製した場合のテスト負荷などを考慮した場合、対応できるとうれしいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください