StarWind自動ストレージ階層化


はじめに:
スムーズで高いアプリケーション性能への要求と、利用可能なストレージシステムの能力を一致させるという現代の課題は、実際に存在しています。システム管理者をはじめとする、ITインフラの統合を担うIT専門家は、その解決策としてフラッシュに目を向け始めました。しかし、フラッシュを購入した後、それを適切に導入するという問題に直面します。

問題点:
現代のビジネスでは、より多くのストレージを必要としているだけでなく、より高速なストレージを必要としています。この点を考慮して、ストレージ・パフォーマンスのジレンマにアプローチするためには階層型ストレージとオールフラッシュシステムが考えられます。この2つを組み合わせることで、企業はフラッシュが混在した階層型のセットアップを構築することができます。高速な階層はエンタープライズ・グレードのフラッシュ(NVMe、Intel Optaneなど)で構成され、低速な階層は低速なフラッシュ(QLC SSD)で構成されます。とはいえ、このシナリオを導入すると、ITスタッフはデータ管理の領域で新たな課題に直面することになります。IT管理者は、データセットをホット層に置くか、コールド層に置くかの判断を迫られることになり、手動によるデータ管理に割く時間が増え、トータル所有コスト(TCO)が増加します。オールフラッシュ・アレイを購入しても、その問題は回避できません。

IT担当者は、特定のタスクのために特定のストレージタイプを選択することに加えて、最も有益な出力を得るためにストレージを適切に階層化し、相互接続することに投資する必要があります。

典型的な階層型ストレージのマニュアルデータ管理のルーチン

ソリューション:
StarWindの自動ストレージ階層化は、IT管理者を通常の煩雑で非効率的なストレージ管理作業から解放します。StarWindの自動階層化により、ITスタッフは数クリックで必要なパフォーマンス特性を持つストレージをプロビジョニングできます。データ・フローが完全に自動化されているため、TCOは驚くほど減少します。高速、低速を問わず、すべてのフラッシュが1つのプールに統合され、最高のパフォーマンスを発揮するだけでなく、フラッシュの寿命を延ばすことができます。このStarWindの機能により、適切なシステム・プランニングと高効率のストレージ・プロビジョニングが可能になり、実購入することなく、エンタープライズ・グレードのオールフラッシュストレージアレイで提供されているかのように、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。その結果、コストを最小限に抑え、投資収益率(ROI)を高めることができます。

StarWindのストレージQoSポリシーは、高いIOPSを必要とするアプリケーションであっても、システムをスローダウンさせることなく常に電源を供給することを可能にします。物理的なハードウェアを追加購入するのではなく、ストレージソリューションに投資することです。

StarWind自動ストレージ階層化によるデータ管理プロセス

結び:
StarWindの自動化されたストレージ階層化は、高速パフォーマンスのストレージからストレージ環境が受けられるすべてのメリットを企業にもたらします。同時に、この機能はTCOを削減し、ROIを向上させます。StarWindでは、データ管理ルーチンが自律的になり、追加ITスタッフの必要性や、高価な物理ストレージ製品の冗長化を削減します。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください