Veeam Backup & Replication v9 vs VMware vSphere Data Proteciton (VDP) 6.1 との比較


Veeam Backup & Replication v9  と VMware VDP (VMware vSphere Data Proteciton)6.1 との比較(比較表抜粋のみ)

○対応 △部分的に対応 ×未対応

機能

概要

Veeam

VMware VDP6.1

迅速な復旧機能

インスタント VM リカバリ

Veeam 特許技術により一般的なバックアッ プストレージ上にあるバックアップファイル から直接 VM を起動し、ユーザに対して迅速 にサービスを復旧可能です。

×

マルチ OS ファイルリカバリ

Windows、Linux、BSD、Mac OS、Novell、 Solaris、Unix などによって使用されている 19種類の一般的なファイルシステムからフ ァイルをリストアできます。

ストレージ スナップショット からのエージェントレス リカ バリ

EMC    VNX/VNXe    、    HPE

StoreVirtual/StoreVirtual    VSA/3PAR StoreServ、NetApp Data ONTAP ベースのス トレージ(FAS、FlexArrasy(V シリーズ)、 Data ONTAP Edge と IBM N シリーズを含 む)のスナップショットから個別の VM、ゲス ト ファイル、アプリケーション アイテムを リストアできます

×

Microsoft Active Directory の エージェントレス リカバリ

ユーザ、グループ、コンピュータ、アカウン ト、連絡先、ユーザやコンピュータのパスワ ードの回復を含む、全ての Activedirectory の オブジェクト種類のリストアや検索が可能で す。また、オブジェクトを複数選択してのリ ストアやコンテナ単位でのリストア、グルー プ ポリシー オブジェクト(GPO)、アクテ ィブ ディレクトリに統合された DNS レコ ード、構成パーティションのリストアなども 可能です。

×

Microsoft Exchange の エージェントレス リカバリ

Microsoft Exchange 2010、2013、2016 のバ ックアップを瞬時に可視化でき、Exchenge の 項目(電子メール、予定、メモ、連絡先など) オンラインのアーカイブメールボックスや完

全に削除された項目を復旧できます。クエリ の結果サイズの推測と詳細なレポートのエク スポート機能により電子情報開示にも活用可 能です。オリジナルのメールボックスへの復 旧もサポートしています。

×

Microsoft SQL Server の エージェントレス リカバリ

大規模な SQL のバックグラウンド実行やデ ータベース、トランザクション ログ ファイ ルを検索することなく、簡単に個別の SQL デ ータベースを復旧できます。ローカルへの任 意時点の SQL データベースファイルのエク スポートやエージェントレスなトランザクシ ョンログのバックアップとリプレイ、トラン ザクション単位でのデータベースと SQL オ ブジェクト(テーブル、ストア プロシージャー、ビューなど)の復旧が可能です。オリジ ナルまたは新しい SQL サーバへの復旧が可 能です。

×

Microsoft SharePoint の エージェントレス リカバリ

バックアップ内の SharePoint を瞬時に可視 化し、高度な検索と参照機能により、

個別の SharePoint のアイテム、サイト全体とサイト コレクションの迅速な復旧が可能です。 SharePoint アイテムの保存、送信、エクスポ ートとサイト全体およびサイトコレクション のオリジナルへのリストアも実施可能です。

×

Oracle の エージェントレス リカバリ

大規模な Olacle のバックグラウンド実行やデ ータベースやトランザクション ログ ファイ ルの検索なしに、簡単に個別の Olacle データ ベースをリストアが可能です。エージェント レスなトランザクションログのバックアッ プ、アーカイブログの管理、トランザクショ ン単位でのデータベースの復旧をオリジナル または新たな Oracle サーバに実施可能です。

×

アプリケーションのオーナー やヘルプデスクのオペレータ によるセルフサービスでの復 旧

Web のユーザーインターフェイスを介して、 ワンクリックで VM 全体、ゲストファイルと アプリケーションのアイテムをリストアでき ます。

確実なデータ保護機能

エージェントレスな

イメージ ベースのバックアップ

エージェントレスでアプリケーションに対応 する高度な処理(トランザクションログの切 り捨てを含む)によりアプリケーションの整 合性を保ったイメージレベルでの仮想マシン のバックアップを作成します。保護されてい ない VM が存在しないように、vSphere のタ

グやホスト、データストアクラスタを使用し、 ジョブの作成が可能です。

バックアップ I/O コントロー ル

ソースのデータストア、ボリュームの待ち時 間を監視し、設定した「しきい値」に応じて 自動的にバックアップ、レプリケーションの タスクの割り当て、データ読み取り速度を制 限し、運用環境のストレージへの負荷をコン トロールできます。グローバルでの設定と個 別のデータストア単位でのしきい値設定が可 能です。

×

ストレージ スナップショット

からのバックアップ

EMC    VNX/VNXe    、    HPE

StoreVirtual/StoreVirtual    VSA/3PAR StoreServ、NetApp Data ONTAP ベースのス トレージ(FAS、FlexArrasy(V シリーズ)、 Data ONTAP Edge と IBM N シリーズを含

む)のスナップショットからイメージベース のバックアップと複製 VM を作成できます。 これにより運用環境への影響を最小限するこ とが可能です。

×

Veeam    Cloud    Connect Backup

対応するサービスプロバイダのクラウド環境 を Veeam と完全に統合されたバックアップ のオフサイトとして利用できます。高速で安 全なバックアップとリストアをクラウドから 実施可能です。

エンド to エンドの暗号化とパ スワード紛失時の保護機能

WAN 高速化やデータの圧縮処理におけるデ ータ削減率に影響を与えることなく、 ASE 256 bit 暗号化機能により、安全なバックアッ プデータとエンド間のネットワーク転送を可 能にします。バスワード紛失時の保護機能も 含まれています。

×

組み込みのテープ サポート

スタンドアロンなテープ、テープライブラリ、 仮 想 テ ー プ ラ イ ブ ラ リ が 接 続 さ れ た Microsoft Windows Server からファイルおよ び VM のバックアップをテープにアーカイブ 可能です。Windows や Linux 上のファイルの

アーカイブやバックアップの世代まで意識し たアーカイブとリストア、メディア保管場所 の追跡、グローバルメディアプール(スパニ ング マルチテープライブラリ)、長期アーカ イブ専用の GFS メディアプール設定をサポ ートしています。

×

重複排除ストレージとの統合

重複排除ストレージ( EMC Data Domain Boost 、 HP StoreOnce Catalyst 、 ExaGrid Accelerated Data Mover)との統合によりバ ックアップデータのアーカイブ速度を向上で きます。

組み込み WAN アクセラレーシ ョン

仮想マシンに特化したキャッシュベースのグ ローバルな重複排除によりバックアップコピ ー、レプリケーションを最大 50 倍高速化でき ます。

×

スケール アウト バックアッ プリポジトリ

バックアップの保存先となるストレージをま とめた単一の仮想プールを作成できます。こ れにより個別のストレージデバイス(エクス テント)をまとめて、抽象化された階層を作 成でき、バックアップ保存先を構成する手間 を削減できます。

×

エージェントレスのイメージ ベースのレプリケーション

DR、HA 目的で世代管理可能な複製 VM を作 成するレプリケーションが行えます。

Veeam    Cloud    Connect Replication

対応する DraaS ( Disaster Recovery as a Service)のプロバイダを介して、完全に統合 された高速でセキュアなくクラウドベースの 災害復旧を行い、アプリケーション可用性を 確保します。

検証機能
SureBackup

バックアップから VM を隔離環境に直接起動 し、スクリプトによるアプリケーションテス トまでを自動で実施可能。カスタムなアプリ ケーションテスト用のスクリプトもサポート しています。

×

SureReplica

複製 VM を隔離環境に起動し、スクリプトに よるアプリケーションテストまでを自動で実 施可能。カスタムなアプリケーションテスト 用のスクリプトもサポートしています。

×

データ活用
オンデマンドなサンドボック ス

隔離された環境のバックアップやストレージ スナップショットから、一つ以上の VM を直 接起動し、トラブルシューティングやテスト、 本番環境のコピーでのトレーニングをビジネ スオペレーションに影響なく実施できます。

×

マルチなハイパーバイザーの サポート

VMware vSphere 5 以降、Microsoft Hyper- V 2008 R2 SP1以降のサポート。単一のコン ソールから両方のハイパーバイザーを表示で きます。

×

  • 2016 年 1 月 27 日現在での比較(抜粋のみ)です。
  • 本ドキュメントは製品選定や評価のために、株式会社クライムが提供しております。
  • このドキュメントに記載されたイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

※ VDP以外にもCommVault Simpana,  Arcserve UDP,  Veritas Backup Exec との詳細な比較資料を準備しております。ご希望の方は、以下総合お問い合わせサイトからお問い合わせください。

https://www.climb.co.jp/soft/contact/contact.php

VDPのEOL (End of Life)についてのVMwareブログ 2017年4月28日付け

関連トピックス