nWorks MPによりSCOMに追加される機能について


nWorks Management Packを導入することでSystem CenterにはVMware仮想環境の監視機能が追加されます。今回はその大まかな機能について案内させていただきます。

アラート機能
各項目に設定された閾値に従い、アラートを表示します。
アラートのみでなく、その説明と解決方法、仮想マシンに対する操作を行うことも可能です。

仮想マシンなどの詳細情報の表示
仮想マシン名からVmtoolsのバージョン、使用しているリソースプールなど様々な情報を収集、表示可能です。


ダイアグラム表示
仮想マシン,ESXiホスト,vCenter,リソースプール,各ハードウェアをツリー状にダイアグラムで表示可能です。これにより一目で問題点を発見できます。

チャート表示
vCenter,ESXiハードウェア・リソース,クラスタ,リソースプール,仮想マシンなどの情報を表示可能です。ハードウェアの温度から仮想マシン、リソースプールのリソース消費状況に至るまでモニタリングできます。

 

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください