System Center とVMware環境のギャップを Veeam MPで


異機種ハイパーバイザ環境

最新版Hyper-V は素晴らしい製品ですが、すでに多くのVMware環境がインストール済で、これは将来も続くでしょう。

System Centerではこれをどのように処理すべきでしょうか?
System Centerは各種のハイパーバイザを管理できる多くの機能を持っています。SCOMは仮想マシン(VM)、OS、アプリケーションをモニターできます。OrchestratorはVMware用の統合パックを持っています。SCVMMはクリエイト、移動などVMware VMを処置することができます。

しかしSystem Centerではできないこともあります。SCOMはハードウェアとVMwareホストのハイパーバイザ・レイヤをモニターすることができません。それらを行うためには新たなモニタ・ツールを使用するか、 Veeam MPを活用してSystem Centerに投資を続けるかになります。

Veeam MPは?
Veeam MP (旧 nWorks) はVMwareのホスト状態と健全性をSystem Centerで可視化ができるSCOM Management Packです。

Veeam MP の主な機能はSCOMでVMware環境をアドバンスなモニター機能を提供することで、それらにはハードウェア、ストレージ、ネットワーク・リソースなど200以上のメトリックスでモニターが可能です。この製品は予め定義したアラート、推奨するスレッシュホールド、設定を簡単にする知識ベースが含まれ、多くの問題に対する敏速な問題解決を提供します。

これは Orchestrator と SCVMMで正確なアクションが取れるように正しい知識を提供します。これによりユーザはSystem Centerに投資を統合することができます。

次期Veeam MPバージョンでは:

次のVeeam MP 6.0リリースではレポート作成や意思決定機能が装備されます。


.
最初にこのリリースではSystem Centerにキャパシティ・プラニングが組込まれます。例:いつホストの追加が必要か?いつストレージの追加が必要か?CPUとメモリが飽和するのにどのくらいかかるか?ユーザはVeeam MPのダッシュボードとレポートを活用してユーザの仮想インフラを評価することが可能になります。

次期リリースでは分析レポートとダッシュボードが組込まれ、ユーザは仮想インフラをさらに詳細に理解することができます。

関連トピックス