Capacity planning(キャパシティ・プランニング) 機能の紹介【VMWare専用 レポート・変更管理ソフト Veeam Reporter】


Veeam Reporterの Version 4.0.1 にCapacity planning(キャパシティ・プランニング:過去のデータから今後のリソースの消費を予測)機能が追加されました。

※画面サンプル1

下記の内容のレポートが作成できます。

Capacity planning (キャパシティ・プランニング)

指定した条件での将来のリソース利用状況の予測

WHAT-IF:Add host

ESXを追加した場合のリソース(ストレージ、CPU、メモリ)の使用率

WHAT-IF:Add VM

VMを追加した場合のリソース(ストレージ、CPU、メモリ)の使用率

WHAT-IF:Host failure

既存のESXに障害が発生した場合のCPU、メモリの使用率

※画面サンプル2

※画面サンプル3

※画面サンプル4

 

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください