利用方法トップ10【VMWare専用 レポート・変更管理ソフト Veeam Reporter】



●DRドキュメント:
リカバリーすべき最初のシステム上のVeeam .vmr ファイルを収納するオフライン・レポートのスケジュール。これによりユーザのVMwareコンフィグレーションを再構築するロードマップを保有するための効率的な方法を提供できます。

●Business Viewを使用したユーザの内部レポート:
各部署のメンバーにVM基準を送るスケジュール。これらのレポートはEメールで送ったり、SharePoint、Wikiなどに統合して共有することができます。

●変更管理:
ユーザのVMware環境のコンフィグレーション情報の取得。何か変更されたか、だれが変更したか、何から変更されたか?完璧な監査証跡

●コンプライアンス・ドキュメント:
有機的なデータ(オフライン・レポート/インフラ .pdf)を使用して、自動化の形での内部/外部監査に対応

●Visio生成:
論理的なVisioデータで、どの時点からでも、ユーザの仮想インフラへ素早くビジュアルな検証が可能

●ユーザの仮想化インフラ用の時間差撮影:
日々の情報を取得することにより、Visio画像を使用して去年からユーザの環境がどのように拡大したかを経営陣へ提示が可能へ

●あやふやな問題提示に対応:
もしアプリケーション・グループが問題があると、仮想化をやみくもに問題視してきた時には彼らにパフォーマンス・レポートを送って、毎日のキャパシティを明示。

●ストレージ・キャパシティ・レポート:
自動レポートを使用してストレージ使用率を最高に留める

●M&A(合併・買収)/データセンター移動:
○企業のM&A時での仮想化環境のドキュメント化(またユーザの仮想化資産のドキュメント化)
○データセンター移動-データセンター移動時での変更情報の取得

●キャパシティ・プラニング:
追加リソースが必要な時に現状の傾向を基礎に決定。またWhat-Ifのシナリオ(例、もしESXホストを1台、または2台減らしても大丈夫か?)をベースに可能。

関連トピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください