株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > DBMoto > 他社製品との比較

他社製品との比較

比較表

DBMoto(デービーモト)と他社レプリケーションソフト3製品を各項目で比較しました。
○・・・対応 ×・・・対応なし △・・・一部対応

機能DBMotoソフトGソフトR
異種DBサポート
対応DB DB2 for AS/400
DB2 for z/OS
DB2 UDB
Oracle
SQL Server
MySQL
Access
PostgreSQL
Infomix
IBM Cloudscape
Firebird(Windows)
Ingres
SQL Anywhere
Netezza(IBM PureData)
DB2 for z/OS
DB2 UDB
Oracle
SQL Server
Sybase ASE
Teradata
DB2 for AS/400
DB2 for z/OS
DB2 UDB
SQL Server
Infomix
Sybase
Teradata
リフレッシュ
(全件レプリケーション)
ミラーリング
(片方向差分レプリケーション)
シンクロナイゼーション
(双方向差分レプリケーション)
マルチシンクロナイゼーション
(3台以上のマルチレプリケーション)
××
リアルタイム性周期間隔
(デフォルト60秒間隔)
ほぼリアルタイムほぼリアルタイム
接続ドライバ .NET(推奨)
ODBC
OLEDB
JDBC
ODBC
JDBC
エージェントレス ××
クロスプラットフォーム対応
インストールマシンDBMoto専用マシンのみ(Windows) ソース・ターゲットDBマシン両方に必要ソフトR専用マシンのみ(Windows)
トランザクションログ参照 ×
コンサルタント不要 必要不要
コーディング不要 必要不要
グループ化レプリケーション
(要コンサルタント)
エラー管理
(要コンサルタント)
レプリケーション結果比較
(要コンサルタント)
データ変換
スクリプトによるカスタマイズ
API提供
設定の容易さ
フットプリント

異種DBサポート

DBMotoはソースとターゲットが異なるデータベースの場合でもレプリケーションをサポートします。
双方のデータベースの文字コードが異なっている場合でも、DBMoto内部でUnicodeに変換して処理しますので、データベース側で文字コードを調整する必要はありません。
下記の図のように文字コードがEBCDICのAS/400から文字コードがShift_JISのOracleにレプリケーションする際も、DBMotoが自動で変換処理を行います。
異種DBサポート

マルチシンクロナイゼーション

3つ以上のデータベースで同期を取りたい場合は、DBMotoのマルチシンクロナイゼーションにより実現可能です。
下の図では複数台のOracleがあり、いずれか1つのOracleでデータの更新があれば、
他すべてのOracleに対してレプリケーションし、常にすべてのOracleでデータの同期を取ることができます。
マルチシンクロナイゼーション

接続ドライバ

DBMotoは.NET Framework上で動作するWindowsアプリケーションなので、
データベースへの接続ドライバは.NETドライバを採用しています。
ODBCやOLEDBと比較してより高速なレプリケーションを実現しました。(DBMotoはODBCとOLEDB接続もサポートしております)
特に、IBM DB2 for i(AS/400)への接続にはRitmo/iが、
IBM DB2 for z/OS(OS/390)やIBM DB2 UDB(Windows, AIX, Linux, HP/UX, Solaris)への接続にはRitmo/DB2
DBMoto用に標準で同梱されておりますので、より高速なレプリケーションが可能です。

エージェントレス

DBMotoマシンからリモートでデータベースマシンに接続してレプリケーションを行うため、
データベースマシンへエージェントを導入必要がありません。

クロスプラットフォーム対応

DBMoto自体はWindows上にインストールしますが、データベースのOSには依存しません。
例えばOracleの場合は、Windows・Linux・Solaris・HP-UX・AIXいずれも可能です。
DB2の場合はWindows・Linux・AIX・AS/400・z/OSいずれも可能です。

グループ化レプリケーション

DBMotoではテーブルごとにレプリケーション定義を作成するため、例えばテーブル数が5の場合はデータベースに接続するセッション数も5になります。このセッション数を減らす「グループ化」を行うことで、複数のセッションを1つのグループにまとめることでセッション数の削減が可能となり、結果データーベースへの負荷を抑えられます。
例えば、テーブル数が5の場合、5テーブルを1グループにまとめることでセッション数も1に減らすことができます。

1テーブルごとにレプリケーション定義を作成した場合、
セッション数は5となります。

1テーブルごとに作成したレプリケーション定義を
グループ化した場合、セッション数は1となります。

エラー管理

DBMoto 操作画面
※クリックすると拡大表示されます
DBMotoでは万が一のエラーの際にはログビューワで容易に確認可能です。
ログビューワではエラーの他、レプリケーションに成功したレコード数も合わせて確認できます。
また、DBMoto側でのエラーだけでなく、DB側が原因のエラーも;ログビューワで確認できます。
エラーの際にメール通知するようにしておくことで、いち早く対応することも可能です。

レプリケーション結果比較

DBMoto 操作画面
※クリックすると拡大表示されます
正しくレプリケーションが行われてデータの整合性が取れているかを確認する「Verify」機能があります。 データの不整合が発生している場合に視覚的に確認することが可能です。

△ページトップへ

スクリプトによるカスタマイズ

DBMoto 操作画面 DBMotoにVB.NETスクリプトを埋め込むことで、より複雑なレプリケーションを行うことができます。
例えば、値が数値100より大きい場合のみレプリケーションするといった条件指定レプリケーションはスクリプトで実現できます。

API提供

DBMoto 操作画面
※クリックすると拡大表示されます
.NETのC#・VB・C++のAPIが豊富に用意されております。
APIを使用して外部からDBMotoを制御したり、既存の.NETシステムにDBMotoの機能を埋め込むことが可能です。

無料評価版のお申込みはこちら お見積・ご購入窓口はこちら 電話・メールでのお問合せ・お見積はこちら
※サポートサービスご契約中のお客様は、専用フォームよりお問合せください。

技術ブログ

Copyright©2014 Climb Inc.