株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Availability fot Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
Database Performance Analyzer(DPA)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > EspressReport > 製品概要 > 特長

製品概要

特長

EspressReportとは

EspressReport(エスプレスレポート)は、開発者のみならずエンドユーザがアクセス可能なエンタープライズJavaレポート・エンジンです。 Webテクノロジーに基づいてJavaアーキテクチャで構築されたEspressReportは、ユーザが対話形式でプログラム作成を進めていくだけで、簡単に希望のレポート(帳票)を作成できる極めてフレキシブルなエンジンです。 SQL ServerやOracle、DB2などの各種データベース、EJB、SOAP経由でデータを取り込み、動的にレポートを作成、LAN、インターネット経由で配信することが可能です。 EspressReportは、対話形式でレポート作成・編集が行える「レポートデザイナ」、Webブラウザ上でインタラクティブなレポート表示を実現する「レポートビューワ」、そしてシンプルで強力なオブジェクト・オリエンテッドAPIから構成されます。

プレゼンテーションに最適

高機能レポートエンジンによって、URLや他のレポートに自由にハイパーリンクを張ることができます。また、実行時間値の置換を伴うパラメータ化されたレポートを実行することも可能です。レポートは異なるタイプのデータを含む複数のソースからのデータを組み合わせることができます。EspressReportはEspressChartを組み合わせて使用することができ、様々な方法の視覚的なデータプレゼンテーションを可能にします。レポート内のほとんどの要素がカスタマイズ可能なため、重要なデータのプレゼンテーションを自在にコントロールすることができます。

多様な出力形式に対応

EspressReportは、HTMLページ、DHTMLシート、PDF、CSV、Excel、XML形式でレポート(帳票)を作成することができます。

30以上の多彩なグラフ表示

EspressReportは、パワフルで多機能なチャート作成エンジンを持っていますので、様々な方法でレポートにデータの視覚的な表現を組み入れることが可能です。レポートのデータのどのような部分からでもチャートを作成することができます。EspressReportに組み込まれたChartDesignerには30タイプ以上の2Dおよび3Dのチャートが含まれており、自由に選択することができます。チャートは3Dでレンダリングを行うことができ、光源の調整やパンおよびズーム、回転を行うことができます。

Java BeansおよびSwingをフルサポート

ビジュアルカフェやJBuilder、Visual Age for Javaなどの各種開発環境に対応。100% pure Javaを使用していることにより、開発プラットフォームから実行プラットフォームへの移行もスムーズに行えます。

フルレンジ・データ・アクセス

ユーザはデータベース、XMLファイル(XBRL, 流通BMS等)、EJB、Classファイル、SOAP、Webサービスからデータを取り出すことができます。

データベースの更新に応じて、動的にWebページを更新

決められた時間間隔での自動更新やイベント発生時の自動更新、データを暗号化しての転送も可能です。

ドリルダウンのパラメータ化

バックエンドで他のデータベースへのアクセスを可能にすることで、別の数値エレメントからのレポートに対してドリルダウンが可能です。

▲ ページトップへ

お電話でのお問い合わせはこちら
03-3660-93369:00~18:00(土日・祝日を除く)
※サポートサービスご契約中のお客様は専用フォームよりお問合せください。

含まれる製品: 含まれる製品
EspressReport ES サンプルサイトはこちら

動画で見る
EspressReport Webセミナー

(約30分)