株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Availability fot Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会
東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00

重複排除で効率的なバックアップを目指す

日々増大するデータを管理し、バックアップして長期保存するために、企業は多くのコストを費やしています。効率的なバックアップのために、高額な投資を行うことは、果たして正しいことなのでしょうか?

バックアップやストレージには課題が山積み

企業におけるデータの重要性が高まっている中、バックアップやストレージにかかるコストも増大しています。コンプライアンスや法令遵守、監査への対応などから、企業はデータを長期間保存する必要があり、冗長化や事業継続のためのDR(ディザスタリカバリ)でもストレージが重要なポイントとなっています。

また、爆発的なデータ量の増加によって、バックアップに要する時間も延び、クラウドなどを利用したバックアップを行おうと考えても、ネットワークがボトルネックとなることも多く、クラウド側のストレージ容量が肥大化して思わぬ高額なコストとなってしまうこともあります。

これらを解決するために、「重複排除・圧縮」してデータ量を抑え、転送容量やストレージを節約するソリューションやアプライアンスが数多く出ています。しかし、これらの高額なソリューションやアプライアンスに投資するしか選択肢はないのでしょうか。

重複排除の種類と効果

重複排除の種類と効果

ソフトウェアで実現する重複排除・圧縮テクノロジー

ソフトウエア定義セカンダリストレージプラットフォーム「QoreStor」は、ハードウェア、仮想マシン、クラウド環境に直接インストールでき、既存のバックアップソフトウェアと連携することができます。QuestNetVaultだけはなく、NetBackupやBackup ExecなどのOpenSystem Technology(OST)準拠のバックアップ製品など、幅広い製品と連携が可能です。つまり、新たなバックアップシステムを模索しなくても重複排除を利用でき、バックアップやストレージに関する初期コストと運用コストを大幅に抑えることができるのです。また、アプライアンス製品の多くが数年ごとに刷新し、ソフトウエアライセンスを含めて再購入する必要があるのに対し、QoreStorは永続ライセンスで提供されることも低コストに貢献できます。

QoreStorは、FIPS140-2に準拠する優れた暗号化アルゴリズムでセキュリティを強化し、Secure Connect機能によって安全なデータ転送が可能で、ネットワークに問題が発生した場合でも自動 的にデータ送信を再試行します。また、グローバルビューと呼ばれるクラウドベースの管理ポータルで複数のQoreStorインスタンスを管理でき、管理の手間も低減します。

QoreStorの重複排除テクノロジーは、アプライアンス製品である「Quest DRシリーズ」の10年以上にわたる進化と実績に基づいており、非常に高効率の重複排除・圧縮を提供します。
QoreStorで採用されている可変長ブロック重複排除は、シングルインスタンスや固定長ブロックの重複排除よりもディスク容量を最適化することが可能です。

QoreStor Secure Connect( セキュアコネクト)

QoreStor Secure Connect( セキュアコネクト)

1.2PBのバックアップデータ量を90%以上削減し84TBにできる

たとえば、毎週100TBのバックアップを3か月間(12週間)行うと、そのままでは1.2PB(1,200TB)のストレージ容量が消費されてしまいます。前述の固定長ブロック重複排除テクノロジーを使っているバックアップソリューションでは、約30%の840TBまでデータを減少できます。しかし、QoreStorの可変長ブロック重複排除では、最大約93%の削減が可能となり、84TB以下のデータ量となり、固定長ブロック重複排除の1/10以下となります。これだけのデータ量が削減できれば、設置場所や消費電力も含めたストレージコストを大幅に削減できるでしょう。また、多大なデータ容量に煩わせることなく、シンプルにDRやクラウド 移行の計画を立てられ、自社のデジタルトランスフォーメーション戦略などに寄与することが可能となります。

QoreStorの可変長ブロック重複排除で大幅なデータ削減が可能

可変長ブロック重複排除

さまざまなバックアップを実現するQoreStor

QoreStorは、あらゆる物理サーバ、仮想マシン、クラウドで利用できるため、データを保護する場所を選ばずにさまざまなバックアップ計画を立てることが可能です。オンプレミスでプライマルストレージアレイにバックアップしていたものをセカンダリストレージにバックアップしたり、災害対策として、DRサイトへレプリケーション、更にAzureやAWSなどのクラウドにレプリケーションすることも考えられます。これらは、重複排除でバックアップ時間短縮やネットワーク使用量を削減できることで実現できるものです。

VeeamReady Repository

QoreStor Secure Connect( セキュアコネクト)

QoreStor Secure Connect( セキュアコネクト)

QoreStor Secure Connect( セキュアコネクト)



技術資料

Quest QoreStorとVeeamの最強タッグでデータ保護を加速

ホワイトペーパー

Quest QoreStorとVeeamの最強タッグでデータ保護を加速(ESG技術評価)

PDFのダウンロードはこちら
※閲覧パスワードはお問合せください。


国内販売元

クエスト・ソフトウェア株式会社
クエスト・ソフトウェア株式会社
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-10-1
日土地西新宿ビル 13F

東京:03-3660-9336

大阪:06-6147-8201


平日 9:00~18:00

© 2007-2019 Climb Inc.