株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Oracle Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Azure
Veeam Backup for Microsoft Office 365
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
VirtuCache(バーチャルキャッシュ)
HyTrust(ハイトラスト)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
技術サポート
Web遠隔サポート
技術専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無償評価版取り扱い製品
総合問合せ窓口
イベント&セミナー
セミナー情報
製品別個別セミナー
イベント出展情報
サポートトップへ
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


双方向での同期とリアルタイムデータ連携を実現
情報システムをスピードアップ

Webサービスコンポーネント―同期とリアルタイムな連携を―

Webサービスコンポーネントにより、あらゆるタイプのWebサービス((SOAP、REST、XMLまたはJSON形式)でStambiaのモデル駆動型アプローチを利用できます。事前に構成されたモデル(テンプレート)により、ニーズに合わせた最適なソリューションを実現できます。

Webサービスコンポーネント―同期とリアルタイムな連携を―

組み込みのデータ参照手法

StambiaではWSDLやWADL形式、XMLやJSONといったWebに関連する既存技術のデータを扱うことができます。これによりWebサービスのすべてのディスクリプション(ポート、操作、インプット/アウトプットのディスクリプション、例外など)を利用できます。

組み込みのデータ参照手法

既存Webサービスとの連携

マッピングにより、Webサービスにデータを投入、Webサービスのデータを収集といった連携が可能です。マッピングならば、複雑なプログラミングなしに、ドラック&ドロップ操作で簡単です。

既存Webサービスとの連携

Webサービスの公開

Webサービスコネクターを使用すれば、コードを作成せずともWebサービスをGUIから公開できます。WebサービスはSOAPまたはREST標準で公開され、複雑な入出力も実装可能です。(Stambiaの発行するWebサービスはWSI準拠です。)

Webサービスの公開

チェンジ・データ・キャプチャ(CDC)―データの変化を迅速に反映―

チェンジ・データ・キャプチャコンポーネントにより、データベース上のデータの変更を検出し、簡単に管理できます。Stambiaではデータベースの提供する標準のAPIを活用し、トランザクションログやREDOログからデータを読み取ることができます(Oracle、Microsoft SQL Server、Postgres SQLなど)。また、その他のケースではトリガーを使用して変更を検出することも可能です。変更はレプリケーション用のテンプレートまたはマッピングに従って読み取られ、ステージング領域に自動的に書き込まれます。

チェンジ・データ・キャプチャ(CDC)―データの変化を迅速に反映―

イベント検出―情報システムに応答性と機敏性を―

情報システムの流動性を高めるためには、ITインフラストラクチャで発生する様々なイベントに対応する必要が有ります。Stambiaでは変更を検出し様々なデータ連携を行うための各種コンポーネントを提供しています。

イベント検出―情報システムに応答性と機敏性を―


Stambia
技術ブログ
動画でみる
Stambia
Webセミナー

約30分

© 2007-2022 Climb Inc.