株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Oracle Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Azure
Veeam Backup for Microsoft Office 365
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
VirtuCache(バーチャルキャッシュ)
HyTrust(ハイトラスト)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
技術サポート
Web遠隔サポート
技術専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無償評価版取り扱い製品
総合問合せ窓口
イベント&セミナー
セミナー情報
製品別個別セミナー
イベント出展情報
サポートトップへ
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


全ての種類のマスターデータ管理(統合ハブ、参照ハブ、トランザクションハブ)
全ての種類のビジネスドメインとニーズ
(サードパーティの統合、製品開発/統合、組織と階層管理、ロケーション管理、参照データ管理…)

Stambia MDM

インタラクティブ・アプローチ

Stambia MDMは、データとモデルそれぞれでバージョン管理できます。それぞれのライフサイクルに合わせてバージョンを上げていくことができますので、単純なモデルから始め、徐々にモデルを充実させていくことができます。このようにモデルとデータブランチごとに複数のバージョンを管理できるため、アジャイル手法とインタラクティブ・アプローチに適してます。

また、Stambia MDMはサードパーティの管理からRDM(参照データ管理)プロジェクトまで、あらゆるビジネスニーズで利用できます。まずは、1種類のマスターデータから始め、さらに組織内のビジネスニーズをカバーするために、追加のソリューションを利用することなく、Stambia MDMを異なるタイプのMDMアプローチにも利用できます。

インタラクティブ・アプローチ

マスターデータに信頼できるデータソースを

MDMソリューションへデータを作成/収集します。そして、その後は従来と同様のプロセスで処理されます。この収集されるソースデータはMDMのワークベンチで定義されたビジネスルールに基づき検証され、強化されます。ソースデータを照合し、一致するレコードをゴールデンレコードへ統合するために使用します。このようなプロセスを定義することで、本当の意味でのマスターを作成でき、ワークフローと確実なセキュリティルールを実現できます。

マスターデータに信頼できるデータソースを

アーキテクチャ、パフォーマンス、スケーラビリティ

Stambia MDMは以下の2つの主要なコンポーネントで構成されています。

J2EEサーバはMDMソリューションを展開するために使用されます。これは簡単なWARまたはEARファイルです。
J2EE標準により、自動的なスケーラブルアーキテクチャを実現しています。

Oracleデータベースは以下、ストレージとして利用されます。

データは、純粋なリレーショナル・モデルとして格納されます(XMLやその他の特殊な形式ではありません)。これにより、大量のデータであっても、最高のパフォーマンスを保証します。

アーキテクチャ、パフォーマンス、スケーラビリティ 

Stambia
技術ブログ
動画でみる
Stambia
Webセミナー

約30分

© 2007-2022 Climb Inc.