株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Availability fot Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
Database Performance Analyzer(DPA)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00

ライセンス体系

Stmabiaでは必要に応じて下記のライセンスを組み合わせ費用を算出します。

必要最小限のライセンス

必要最小限のライセンス


追加開発機ライセンス

開発機を追加する場合は、開発機ライセンスが必要

例:
3拠点からデータ統合の開発を行いたい場合、
Enterprise ライセンス × 1」 + 「開発機ライセンス × 3」が必要

追加開発機ライセンス


ライセンス名説明
必須Enterpriseライセンスファイル・XML・JSON・WEB API入力・RDBMSとの接続が可能です。
ラインタイム・アナリティクスサーバの使用する際に必要です。
必須開発機ライセンスデザイナーという開発ソフトを導入する際に使用します。開発機の台数分が必要になります。
オプション各種コネクターライセンス『Enterpriseライセンス』では接続できないデータソースと接続するライセンスです。
種類毎に専用のコネクターライセンスがライセンスが必要になります。
例:Hadoop/Amazon Redshint/Salesforce など
※対応のデータソースはこちらからご確認ください。
オプションCDCライセンス差分データのみの処理を行う際に必要になるライセンスです。
オプションWEB API配信ライセンスWEB APIでデータを配信するために必要になるライセンスです。


動画でみる
Stambia
Webセミナー

約37分

© 2007-2019 Climb Inc.