株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Availability fot Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Quadrate ERP2(ERPスクエアード)
Database Performance Analyzer(DPA)
System Center管理パック
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


煩わしい開発の手間の心配は無し!
使いやすさ重視のデータ統合ツール

Stambia DI

テンプレートで処理フローを流用、データ統合の開発の手間を大幅削減

Stambiaでは、データ統合の一連の流れを再利用できる“テンプレート機能”があり、簡単なデータ統合はもちろん、複雑なデータ連携の際にも、テンプレートを組み合わせることで楽々データ統合を行うことができます。また、使用頻度の高いテンプレートはあらかじめ用意されています。

また、モデル駆動型開発を採用することで、データ連携の設計と開発を同時に行うことができます。単純なモデリングで開発を行うため、プログラミングの手間を最小限に抑え、テータ統合の開発ができます。

操作性重視のデザイン

XMLターゲット、Webサービス、SAPなど、様々なデータを扱う場合にも、同じような表示形式で操作することができる“ユニバーサルマッピング”というポリシーがあります。 これにより、複雑なデータ統合の開発を行う場合にも、手間なく開発することが可能です。

また、カラムや要素が一目でわかる状態で開発を行うため、整理された状態でデータ統合の開発を行うことが可能です。

操作性重視のデザイン

効率的なアーキテクチャで無駄のない処理を実現

従来のETLツールでは、移行元と移行先の中間地点に、中間サーバを配置し、そのサーバに独自のエンジンを導入し、データ変換の処理を行います。ただ、大量のデータを処理する場合などで、この中間サーバがボトルネックになる場合があります。

Stambiaが使用する”E-LTアーキテクチャ”では、独自のエンジンにより変換を処理することは行わず、データの移行先あるいは移行元で行うことで、より効率的にデータ統合を行うことができます。

効率的なアーキテクチャで無駄のない処理を実現

オンプレやクラウド、ビックデータなど様々なプラットフォームへ柔軟に対応

必要なソフトウェア

サポート プラットフォーム


動画でみる
Stambia
Webセミナー

約37分

© 2007-2019 Climb Inc.