株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Microsoft Office 365
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressReportES(エスプレスレポートES)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressChart(エスプレスチャート)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
HyTrust(ハイトラスト)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
VeeamMP(ヴィームエムピー)
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
5nine Cloud Manager
(ファイブナインクラウドマネージャー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会

東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00


VirtuCache アーキテクチャ

ESXiホスト側のキャッシュメディアはストレージI/Oパスの理想的な場所であり、SANストレージ側のキャッシュメディアでは解決できない、ストレージボトルネックを解決できます。頻繁にリクエストのある「ホット」なデータが、ホスト側のキャッシュメディアにあれば、高速なメモリバスまたはPCIeバスを介して読み書きが可能であり、応答時間と転送速度を大幅に向上できます。

読み取りリクエストの高速化

VMからの読み取りリクエストはVMwareカーネル上にインストールされたVirtuCacheソフトウェアにより、インターセプトされ、ローカルのキャッシュメディアに存在するか検索が行われます。存在する場合(キャッシュヒット)、キャッシュメディアからデータを読み取り、存在しない場合(キャッシュミス)には、元々のI/Oパスに従って、バックエンドのLUN/ボリュームからデータを読み取ります。さらに、存在しない場合にはそのデータをローカルのキャッシュメディアに対してもコピーし、以後、同じデータがリクエストされた際には、キャッシュメディアからデータを読み取ります。
これにより、バックエンドのストレージアプラインスではなく、ローカルのキャッシュメディアから読み取られるデータを増やすことで、読み取りリクエストを向上します。

読み取りリクエストの高速化

書き込みキャッシュでも安心なアーキテクチャ

VMからのすべての書き込みは、バックエンドストレージアプライアンスへ同期的に書き込むことなく、ホスト内のキャッシュメディアに書き込まれます(ライトバック方式)。ホスト内のキャッシュメディアのみに書き込むことで、書き込みが大幅に高速化されます。
ただし、バックエンドストレージアプライアンスへの書き込みを同期的にコミットしないため、ローカルホストで障害が発生した場合にデータが失われるリスクがあります。この可能性を防ぐために、VirtuCacheは、VMwareクラスタ内のホスト間で書き込みを複製(ミラーリング)することにより、ローカルキャッシュを保護します。
複製数の指定も可能であり、0(保護無し)から2つまで構成できます。万が一ホストに障害が発生した場合、VirtuCacheは別のホスト上にある複製データとストレージアプラインス上のデータを同期します。

書き込みキャッシュでも安心なアーキテクチャ

キャッシュの最適化




VirtuCache
技術ブログ
動画で見る
VirtuCache
Webセミナー

(約35分)
製品概要
概要
アーキテクチャ
システム要件
購入
ライセンス体系
導入までの流れ
サポート体制
30日間無料評価版
お問合せ・お見積
テクニカルブログ
VirtuCache製品の最新情報をテクニカルブログで配信しています。

© 2007-2021 Climb Inc.