BEGIN:VCALENDAR PRODID:-//Microsoft Corporation//Outlook 16.0 MIMEDIR//EN VERSION:2.0 METHOD:PUBLISH X-MS-OLK-FORCEINSPECTOROPEN:TRUE BEGIN:VTIMEZONE TZID:Tokyo Standard Time BEGIN:STANDARD DTSTART:16010101T000000 TZOFFSETFROM:+0900 TZOFFSETTO:+0900 END:STANDARD END:VTIMEZONE BEGIN:VEVENT CLASS:PUBLIC CREATED:20190719T090439Z DESCRIPTION:【セミナー概要】\n各拠点に分散したデータ、 どのように活用/分析していますか?\n\nBIツールやサー ビスを使用してデータを分析する場合、\n分散している データから必要なデータの抽出、加工し、分析しやす い形への構成や、\nデータを一か所へまとめることが多 いです。\n\n中には、分析データ自体はオンプレミスで 保持せず、各社クラウドサービスで提供されている\nス トレージサービスやサーバに格納されるケースもござ います。\n\nしかし、データソースがそれぞれ異なるデ ータベース、ファイルやデータウェアハウス、WEB APIな どが混在している環境の場合、\nデータを加工/統合し てまとめるのは非常に手間がかかります。\n\nStambiaであ れば異なるデータベース、ファイルやデータウェアハ ウス、WEB APIもすべて単一のコンソールから管理でき、 簡単にデータを収集、加工することが可能です。\n本セ ミナーでは各拠点に分散しているAS/400のデータを1つの ファイルに集約し、Amazon S3へアップロードするデモを 紹介します。\n \n \n \n DTEND;TZID="Tokyo Standard Time":20190829T173000 DTSTAMP:20190719T090439Z DTSTART;TZID="Tokyo Standard Time":20190829T170000 LAST-MODIFIED:20190719T090439Z LOCATION:https://www.youtube.com/watch?v=TwfAitFpgmg PRIORITY:5 SEQUENCE:0 SUMMARY;LANGUAGE=ja:クライムWEBセミナー 『AS/400やHANA、twitter など分散データをAWSやAzureへ簡単データ収集/分析!』 TRANSP:OPAQUE UID:040000008200E00074C5B7101A82E0080000000000C4AD5D5C3ED501000000000000000 0100000006C2ED944D759CB43B9C3E9D35E28759D X-ALT-DESC;FMTTYPE=text/html:\n\n\n\n

【セミナー概要】

< p class=MsoNormal style='mso-pagination:widow-orphan'>各拠点に分散したデータ 、どのように活用/分析していますか ?

BI
ツールやサービスを使用し てデータを分析する場合、
分散し ているデータから必要なデータの抽出、加工し、分析 しやすい形への構成や、
データを 一か所へまとめることが多いです。

< /span>中には、分析データ自体はオンプレミスで保持せ ず、各社クラウドサービスで提供されている
ストレージサービスやサーバに格納されるケ ースもございます。

しかし、デ ータソースがそれぞれ異なるデータベース、ファイル やデータウェアハウス、WEB APIなどが 混在している環境の場合、
データ を加工/統合してまとめるのは非常に 手間がかかります。

Sta mbia
であれば異なるデータベース、ファイル やデータウェアハウス、WEB APIもすべ て単一のコンソールから管理でき、簡単にデータを収 集、加工することが可能です。
本 セミナーでは各拠点に分散しているAS/400のデータを1つのファイルに集約し 、Amazon S3へアップロードするデモを 紹介します。

 \;

 \;

&nbs p\;

X-MICROSOFT-CDO-BUSYSTATUS:BUSY X-MICROSOFT-CDO-IMPORTANCE:1 X-MICROSOFT-DISALLOW-COUNTER:FALSE X-MS-OLK-AUTOFILLLOCATION:FALSE X-MS-OLK-AUTOSTARTCHECK:FALSE X-MS-OLK-CONFTYPE:0 END:VEVENT END:VCALENDAR