Veeam Backup & Replicationの2大機能のうちの1つであるレプリケーションは、仮想マシンを別ホスト上に複製し非常時に起動可能な仮想マシンを生成する機能です。
近年ではこのレプリケーション機能に対する需要が高まっています。

災害対策として遠隔地にレプリケーションを行うケースでは、ホスト間のネットワーク回線が低速である場合があります。
レプリケーションでは、初回は必ず仮想マシンデータ全体を転送いたしますので、必然的にネットワークに負荷をかけることになります。

このネットワーク上の転送負荷を軽減するための機能として用意されているのがレプリカシーディングレプリカマッピング機能となります。


まず、レプリカシーディング機能ですが、これはバックアップジョブですでに取得された当該仮想マシンのバックアップデータから、ターゲットホストに仮想マシンを作成し、それをレプリカ仮想マシンとする機能です。
これにより、初回レプリケーションで全データを転送することによるネットワーク負荷を軽減できます。

バックアップデータの指定ですが、これはレポジトリ単位での指定となります。
そのレポジトリ内にある、当該仮想マシンの最新のバックアップデータからレプリカ仮想マシンが作成されます。

利用までの流れですが、遠隔地にレポジトリとプロキシサーバを用意し、遠隔地のレポジトリへUSBメモリ等でデータを物理的に移し、RescanまたはImport Backupでバックアップファイルを認識させてジョブの設定を行い実行、という形になります。

replica_seeding_mapping_image

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Veeam Vanguard Veeam Vanguard