ホーム > 製品・サービス > セミナー情報 > AWS Summit Tokyo 2019 出展のご案内

セミナー情報

AWS Summit Tokyo 2019 出展のご案内

AWS Summit Tokyo 2019

AWS Summit Tokyo 2019への出展が決定しました!
今年は最大規模で幕張メッセでの開催となります。

クライムブースではAWSへの移行・データ保護に特化した
4つのソリューション(Veeam、Zerto、DBMoto、Druva)をご紹介します。

AWSとオンプレ環境の移行やハイブリッド運用にご興味のある方や
課題をお持ちの方は是非、この機会にクライムブースまでお立ち寄りください!

開催日時 2019年6月12日(水)~ 2019年6月14日(金)

6月12日(水)11:00~18:00
6月13日(木)10:00~18:30
6月14日(金)11:00~18:00

展示ブース(Sponsor Expo): クライムブース番号【1-23-4】
クライムブース
クライムブースはサイレントセッション会場A すぐ横です
会 場 幕張メッセ HALL1~3
千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
参加費 無料(要事前申し込み)
事前登録
申込み方法
1.AWS Summit Tokyo 2019 お申し込みサイトへアクセス
  https://aws.amazon.com/jp/summits/tokyo-2019/ ≫
2.セッション選択より、ご希望のセッションをチェック(展示のみお申し込み可)
3.お申し込みフォームの下部「AWS Summitを何でお知りになりましたか?」の項目で、
 「AWS Summitのスポンサーから」をチェック
4.「スポンサーコードをご入力ください。」の項目に「B-5」を入力
来場特典 クライムの自家焙煎コーヒー 【クライムの自家焙煎コーヒー】ドリップパックを、
毎日先着100名様に差し上げます。
クライム展示製品 (カテゴリ:プラットフォーム)
DBMotoとは
DBMoto DBMotoは異業種データベース間のリアルタイムなレプリケーションを可能とし、AS/400(IBM i)やz/OS(メインフレーム)のDB2をはじめ、DB2 LUW, Oracle, SQL Server, MySQL, PostgreSQL, Amazon Aurora, Amazon Redshift, Azure SQL Database等メジャーなDBをサポートしています。リアルタイムなバックアップ、データ連携、災害対策、移行などの課題を簡単に解決できます。
Zertoとは
Zerto VMwareやHyper-V上の仮想マシンを、たとえ異種間であってもVMware/Hyper-Vへレプリケーションすることができます。また、各ハイパーバイザーからVMware on IBM Cloud環境へのレプリケーションも行なえます。
Veeam Backup & Replication:仮想データのデータ保護ソフト
Veeam VMware/Hyper-V 対応のバックアップ&レプリケーションソフトウェアです。仮想マシンに対してエージェントレスなバックアップとレプリケーション機能を標準で搭載します。難しい知識は不要で、世界で16万社以上が導入するNo.1ソフトウェアです。
Druvaとは
Druva Druvaは業界初の データ管理アズアサービス (Data Managemet-as-a-service) ソリューションを提供する、クラウドデータ保護と情報管理の世界的リーダーです。エンドポイント、サーバー、クラウドアプリケーションからデータを集約し、パブリッククラウドを活用して情報の保護、保全、検出を行う単一画面を提供します。

メールマガジンご登録はこちら AWS対応ソリューション Azure対応ソリューション VMware on IBM Cloud対応ソリューション 仮想アセスメントサービス 採用情報エントリ―受付中
  • 加盟ネットワーク
  • 日本アイ・ビー・エム
    ビジネス・パートナー/IBMiマニフェスト
    日本アイ・ビー・エムビジネス・パートナーIBMiマニフェスト
  • 日本オラクルパートナーネットワーク
    日本オラクルパートナーネットワーク
  • ヴイエムウェア株式会社
    プロフェッショナルパートナー
    ヴイエムウェア株式会社プロフェッショナルパートナー
  • アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
    アマゾンパートナーネットワーク
    アマゾンパートナーネットワーク