Oracle用SQL開発ツール「SQL Developer」は検証開発用に最適


2013/12/12にOracle公式のSQL開発ツール「SQL Developer」の最新バージョン4がリリースされました。
SQL Developerは検証・開発目的で簡単にOracleのSQL管理をすることができる大変便利なツールです。
動作にはJDKが必要ですが、最新版ではJDKが同梱されたものもインストール可能となっています。 また最新版ではJDK7を正式サポートしています。

●ダウンロード

下記からダウンロード可能です。
http://www.oracle.com/technetwork/jp/developer-tools/sql-developer/downloads/index.html

●インストール

インストールは特に必要ありません。ダウンロードしたzipを展開するのみです。起動は「sqldeveloper.exe」から行えます。

起動時に下記のダイアログが表示されます。前バージョンがインストールされている場合は設定を引き継げるようです。

●実際に使用してみる

起動した画面です。

Oracleへの接続設定画面です。設定はシンプルで、接続先IP、ユーザ名、パスワード、SID名(又はサービス名)ですぐに接続可能です。

SQL Developerの便利なところは、直接IP指定する方法に限らず、tnsnames.oraの接続文字列を選択することでも接続できることです。

接続が完了したところです。ここではローカルのOracleへ接続しています。テーブルデータに限らず、ビュー・トリガー・順序オブジェクト等の管理も行えるようになっています。

これは実際にテーブルデータを表示しているところです。もちろんその場で編集することも可能です。

複数のOracleへ接続して一元管理することももちろん可能となっています。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください