株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
IBM Cloud対応ソリューション特集
Oracle Cloud対応ソリューション特集
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
CloudBerry Backup
N2WS Backup & Recovery
(エヌツーダブルエス バックアップアンドリカバリ)
Druva Phoenix(フェニックス)
Druva inSync(インシンク)
Druva CloudRanger(クラウドレンジャー)
Kasten K10 PLATFORM
Zerto for Kubernetes
Veeam Backup for AWS
Veeam Backup for Azure
Veeam Backup for Microsoft Office 365
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Cloud Connect(ヴィームクラウドコネクト)
Veeam Agent for Windows/Linux
Veeam Backup for Nutanix AHV
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
VirtuCache(バーチャルキャッシュ)
HyTrust(ハイトラスト)
Accops(アコップス)
StarWind(スターウィンド)
QoreStor(コアストア)
データベース・アクセス
Syniti Data Replication(旧DBMoto)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Stambia(スタンビア)
Syniti Data Workbench(スィニティ データ ワークベンチ)
Database Performance Analyzer(DPA)
監視/管理ソリューション
Veeam ONE(ヴィームワン)
HyTrust CloudControl(ハイトラスト)
Database Performance Analyzer(DPA)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
技術サポート
Web遠隔サポート
技術専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無償評価版取り扱い製品
総合問合せ窓口
イベント&セミナー
セミナー情報
製品別個別セミナー
イベント出展情報
サポートトップへ
会社情報
会社情報
会社概要
プレスリリース
地図・アクセス
事業所案内
ユーザ会
東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201
平日 9:00~18:00

Database Performance Analyzer

データベースのレスポンス分析ツール
~隠れた遅延原因をピンポイント発見~

Database Performance Analyzer

Database Performance Analyzer(旧Ignite、以下DPA)は、DB管理者、ITマネージャーおよびアプリケーション開発者向けに、レスポンス・タイム(応答時間)の計測を用いて、包括的なデータベースパフォーマンスをモニター化することで、データベースの監視を提供します。


DPA構成

レスポンス・タイム計測
レスポンス・タイム計測

ダッシュボード
ダッシュボード


製品概要

レスポンス・タイム分析

DPAは、データベースのレスポンス・タイム(応答時間)を常に測定しています。この手法により、データベースでの遅延の根本原因を特定することができます。全セッションの全てのクエリを追跡し、クエリに遅延をもたらすデータベースのボトルネックを特定します。

レスポンス・タイム分析

ブラウザ・ベースのダッシュボード

DPAのダッシュボードから、DB管理者はすべてのインスタンスを確認することができます。DB管理者はDPAを使用することで、同じスクリーンでMS SQL Server、Oracle、DB2、SAP Sybase ASE、MySQLの様々な問題を特定することができます。レスポンス・タイム(応答時間)の変化やサーバ・リソースに関するアラームも同じスクリーン上で確認でき、問題の根本的原因を簡単に解明することができます。

ブラウザ・ベースのダッシュボードクリックで拡大表示

エージェントレス

DPAは、監視対象のサーバに対してソフトウェアやエージェントのインストールを行わないので、監視しているデータベースにかかる負荷はほとんどありません。DPAは任意のLinuxまたはWindowsサーバで稼働し、DPAのリポジトリは、OracleまたはMS SQL Server、MySQLで稼働します。 マルチベンダー環境にも対応しており、MS SQL Server、Oracle、DB2、SAP Sybase ASE、MySQLデータベースの監視が同じDPAサーバからモニターできます。

エージェントレス

システム要件

DPAサーバ

CPU、RAM、およびディスク容量の要件は、監視する予定のデータベースインスタンスの数によって異なります。
VMwareを登録する場合、CPUおよびRAMの要件を50%増やします。

推奨される環境

監視DBのインスタンス数CPUメモリ
20未満11GB
20~5022GB
51~10044GB
101~25048GB

対応OS

※64bitアーキテクチャのみ

文字セット

マルチバイト言語をサポートするには、DPAサーバ、リポジトリ、および監視対象インスタンスを同じ文字セットで構成する必要があります。

必要なソフトウェア

リポジトリ用データベースサーバ

リポジトリデータベースと同じサーバにDPAをインストールする場合、サーバはDPAサーバの要件に加えてこれらの要件を満たす必要があります。VMwareを登録する場合、CPUおよびRAMの要件を50%増やします。

推奨される環境

監視DBのインスタンス数CPUメモリ
20未満22GB
20~5028GB
51~10048GB
101~250416GB

ディスクスペース

リポジトリが使用するディスク容量は、監視しているデータベースインスタンスの数と各インスタンスのアクティビティレベルによって決まります。
低:1 GB  中:3 GB  高:5 GB
例:5つの低、3つの中、および2つの高アクティビティデータベースインスタンスを監視しています。
  (5×1 GB)+(3×3 GB)+(2×5 GB)= 24 GB
このリポジトリデータベースに十分なディスク容量を確保するには、少なくとも24 GBを予約してください。

対応データベース

監視対処データベースの対応に関してはこちらをご参照ください

データベースエディションバージョン
Microsoft SQL ServerStandard
Enterprise
2017 (Windows or Linux)
2016 SP2
2014 SP2
2012 SP4
Azure SQLStandard Service Tier以上V12
MySQLCommunity
Enterprise
5.7.9
5.6.10
Amazon RDS for MySQL 5.7.9
Amazon RDS for MySQL 5.6.10
Aurora 5.6.10a
※MySQL 8.0はDPAリポジトリとしてはサポートしていません。
OracleStandard
Enterprise
18.3.x
12.2
12.1
11.2
PostgreSQL Google Cloud SQL for PostgreSQL
EDB Postgres Standard/Advanced Server
Aurora for PostgreSQ
Amazon RDS for PostgreSQL
Azure Database for PostgreSQL
Db2 & SAP ASE (Sybase)

※ DPAはOracleおよびSQL ServerのExpressエディションで動作しますが、データベースサイズの制限のため、これらのエディションのリポジトリを公式にサポートしていません。評価のために無料のデータベースが必要な場合、SolarWindsはMySQLデータベースの使用を推奨します。
※ MySQLまたはAuroraインスタンス用のAmazon Relational Database Service(RDS)をリポジトリとして使用できます。
※ リポジトリとして使用するために、Amazon EC2で自己管理されたOracle、SQL Server、またはMySQLデータベースをホストできます。
※ リポジトリとしてAzure SQLを選択した場合、SolarWinds は、監視対象のデータベースインスタンスごとに2つ以上のデータベーススループットユニット(DTU)を推奨します。

監視データベースの種類

DPAは監視するデータベースとして、MS SQL Server、Oracle、DB2、SAP Sybase ASE、MySQLに対応しています。またVMにも対応しているため、VMに移行後でもパフォーマンスの可視化を提供します。
これら全てのデータベースが単一のモニターで監視できます。詳細は、こちらからご覧ください。

特徴

原因特定のためのデータを網羅

DPAでは、SQL、時間、リソースの三つの側面から分析および監視を行います。
この手法はDPAにおける基本指針であり、SQL View、Time View、Fulll Viewとして分けられます。

原因特定のためのデータを網羅クリックで拡大表示

SQL View

データベースの監視をする際には、一つ一つのクエリに焦点をあてる必要があります。SQL Viewを用いると、各SQLステートメント・レベルでの全統計を計測し、ボトルネックの識別を行うことができます。

Time View

データベースのシステム統計(バッファー・サイズ、ヒット比率、I/Oカウント)を計測しても、根本的な原因を特定することは困難です。Time Viewでは、各SQLのレスポンス・タイム(応答時間)を測定することで、最適なソリューションを提供します。

Full View

原因を網羅するには、全てのプロセス・ステップに対する可視化が必要です。Full Viewでは、各SQLに対してのリソースを個別に測定することで、問題の発生源を隔離することができます。

汎用性の高いレポート

DPAが取得したデータはモニター上で、レポートとしてまとめられます。レポートを表示する際には、様々なデータを出力できます。例えば、時間のかかったSQLクエリや、その原因がどのリソースによるものかなどをグラフ化します。更に、自分の監視したい項目を、SQL文を定期的に実行することで、レポートとしてまとめることもできます。 もちろん、これらのレポートをメールなどで通知することも可能で、ボトルネックになりそうな箇所を早期に特定することができます。

汎用性の高いレポート

アラーム検知からソリューション掲示まで

アラーム検知からソリューション掲示までクリックで拡大表示

SQLクエリに多大な時間がかかっている場合や、リソースの大部分が使用されている際に、アラームとして検知することができます。モニター上にアラームの原因が表示されるので、特定に時間を浪費することもありません。
更に、その対策として原因部分をクリックするだけで、過去の様々な実績をもとにしたソリューションが掲示されます。
また独自のアラームを設定したり、メールで通知することも可能です。

Database Performance Analyzer 代表的ユーザ

詳細資料

カタログ

技術資料

東京:03-3660-9336

大阪:06-6147-8201


平日 9:00~18:00
DPA
技術ブログ
動画でみる
DPAご紹介
セミナー

約30分

© 2007-2022 Climb Inc.