ホーム > 製品・サービス > Database Performance Analyzer
Database Performance Analyzer


※問い合わせフォームよりお申込みください
Ignite(イグナイト)の新バージョンである、Database Performance Analyzer(以下DPA)は、DB管理者、ITマネージャーおよびアプリケーション開発者向けに、レスポンス・タイム(応答時間)の計測を用いて、包括的なデータベースパフォーマンスをモニター化することで、データベースの監視を提供します。

レスポンス・タイム計測
レスポンス・タイム計測

クロスプラットフォーム・ダッシュボード
モニター

Ignite構成
DPA(旧Ignite)構成

製品概要

レスポンス・タイム分析

DPA(旧Ignite)は、データベースのレスポンス・タイム(応答時間)を常に測定しています。この手法により、データベースでの遅延の根本原因を特定することができます。全セッションの全てのクエリを追跡し、クエリに遅延をもたらすデータベースのボトルネックを特定します。

レスポンス・タイム分析

ブラウザ・ベースのダッシュボード

DPA(旧Ignite)のダッシュボードから、DB管理者はすべてのインスタンスを確認することができます。DB管理者はDPAを使用することで、同じスクリーンでOracle, SQL Server, Sybase, DB2からの様々な問題を特定することができます。レスポンス・タイム(応答時間)の変化やサーバ・リソースに関するアラームも同じスクリーン上で確認でき、問題の根本的原因を簡単に解明することができます。

ブラウザ・ベースのダッシュボード

エージェントレス

DPA(旧Ignite)は、監視対象のサーバに対してソフトウェアやエージェントのインストールを行わないので、監視しているデータベースにかかる負荷はほとんどありません。DPAは任意のUNIX/LinuxまたはWindowsサーバで稼働し、DPAのリポジトリは、OracleまたはSQLサーバで稼働します。
マルチベンダー環境にも対応しており、例えば、Oracle、SQLサーバ、DB2、Sybaseデータベースの監視が同じDPAサーバからモニターできます。

エージェントレス

システム要件

DPA(旧Ignite)サーバ

推奨される環境

監視DBのインスタンス数CPUメモリアーキテクチャ
20未満 11GB32または64bit
20~50 22GB32または64bit
51~100 44GB64bit
101~250 48GB64bit

対応OS

  • Windows 8/7/XP
  • Windows Server 2012/2008/2003/2000
  • Linux
  • Unix
  • ※Windowsは32・64bit版の双方可

必要なソフトウェア

  • JAVA JRE 1.6以降
  • ブラウザ:Interenet Explorer 8以降、Firefox 3.6以降、Chrome 最新バージョン
  • リポジトリ用データベース

リポジトリ用データベースサーバ

推奨される環境

監視DBのインスタンス数CPUメモリアーキテクチャ
20未満 12GB32または64bit
20~50 24GB64bit
51~100 48GB64bit
101~250 416GB64bit

対応データベース

  • SQL Server2005以降
  • Oracle9i以降(12Cはシングルテナントのみ)
  • ※大規模環境ではリポジトリ用データベースに有償版を推奨しています

ハードディスク容量

アクティブなセッション数HDD
1GB
3GB
5GB

特徴

原因特定のためのデータを網羅

DPA(旧Ignite)では、SQL、時間、リソースの三つの側面から分析および監視を行います。
この手法はDPAにおける基本指針であり、SQL View、Time View、Fulll Viewとして分けられます。

SQL View

データベースの監視をする際には、一つ一つのクエリに焦点をあてる必要があります。SQL Viewを用いると、各SQLステートメント・レベルでの全統計を計測し、ボトルネックの識別を行うことができます。

Time View

データベースのシステム統計(バッファー・サイズ、ヒット比率、I/Oカウント)を計測しても、根本的な原因を特定することは困難です。Time Viewでは、各SQLのレスポンス・タイム(応答時間)を測定することで、最適なソリューションを提供します。

Full View

原因を網羅するには、全てのプロセス・ステップに対する可視化が必要です。Full Viewでは、各SQLに対してのリソースを個別に測定することで、問題の発生源を隔離することができます。

原因特定のためのデータを網羅

汎用性の高いレポート

DPA(旧Ignite)が取得したデータはモニター上で、レポートとしてまとめられます。レポートを表示する際には、様々なデータを出力できます。例えば、時間のかかったSQLクエリや、その原因がどのリソースによるものかなどをグラフ化します。更に、自分の監視したい項目を、SQL文を定期的に実行することで、レポートとしてまとめることもできます。
もちろん、これらのレポートをメールなどで通知することも可能で、ボトルネックになりそうな箇所を早期に特定することができます。

汎用性の高いレポート

アラーム検知からソリューション掲示まで

SQLクエリに多大な時間がかかっている場合や、リソースの大部分が使用されている際に、アラームとして検知することができます。モニター上にアラームの原因が表示されるので、特定に時間を浪費することもありません。
更に、その対策として原因部分をクリックするだけで、過去の様々な実績をもとにしたソリューションが掲示されます。
また独自のアラームを設定したり、メールで通知することも可能です。

アラーム検知からソリューション掲示まで

監視データベースの種類

DPA(旧Ignite)は監視するデータベースとして、Oracle、SQL Server、DB2、SyBaseに対応しています。またVMにも対応しているため、VMに移行後でもパフォーマンスの可視化を提供します。
これら全てのデータベースが単一のモニターで監視できます。詳細は、こちらからご覧ください

詳細資料


メールマガジンご登録はこちら AWS対応ソリューション Azure対応ソリューション VMware on IBM Cloud対応ソリューション 仮想アセスメントサービス 採用情報エントリ―受付中
  • 加盟ネットワーク
  • 日本アイ・ビー・エム
    ビジネス・パートナー/IBMiマニフェスト
    日本アイ・ビー・エムビジネス・パートナーIBMiマニフェスト
  • 日本オラクルパートナーネットワーク
    日本オラクルパートナーネットワーク
  • ヴイエムウェア株式会社
    プロフェッショナルパートナー
    ヴイエムウェア株式会社プロフェッショナルパートナー
  • アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
    アマゾンパートナーネットワーク
    アマゾンパートナーネットワーク


製品・サポートのお問合せ

お電話でのお問合せ

株式会社クライム/ソフトウェア事業部
03-3660-9336
06-6147-8201(大阪営業所)
受付時間 月~金 9:00~18:00
(土日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Webからのお問合せ

お問合せ入力フォームよりお気軽にお問合せください