投稿者「climb」のアーカイブ

ACID原理とCAP定理 ~ NewSQLへの道 ~

データベースはそもそも、なぜ作られたのでしょうか? システム設計上の概念から言えば、変数に入るさまざまな値をプログラムから切り離して、別の場所に保管したほうが便利だったから、なのでしょう。そんな初期のデータベースは、大勢 … 続きを読む

コメントする -->

Webセミナー録画 『多種DBからKafka、Hadoop、S3への対応 データ統合/分析基盤へ簡単連携!』2019/12/10 開催

異種間データベース連携ツール「DBMoto」の名前が「Syniti Data Replication」へ変更されました。 製品名変更だけでなく、データ分析の基盤となるHadoop HDFSやAmazon S3、Apach … 続きを読む

コメントする -->

Syniti Data Replication 新機能ブログ② Amazon S3へのレプリケーション対応

昨今、各企業で蓄積したデータを次のビジネスに活かすために、様々なBIツールや分析ツールが オンプレミスでも、仮想環境でも、更にはクラウドでも多く提供されています。

タグ: , , ,

[Syniti(DBMoto)][スクリプト] 特定カラムの値が変更となった場合、ターゲットのレコードを削除するサンプルスクリプト

Syniti Data Replication (DBMoto)では、レプリケーションジョブにスクリプトを組み込むことによって、ある程度レコードに操作を加えて、ターゲットデータベースにレプリケーションができます。

コメントする -->

ステートレスとステートフルの違い

アプリケーションは「ステートレス アプリケーション(Stateless Application)」と「ステートフル アプリケーション(Stateful Application)」の2種類に分類できるそうです。しかし、この … 続きを読む

コメントする -->

Syniti Data Replication 新機能ブログ① Apache Kafkaへのレプリケーション対応!

Syniti Data Replication(旧DBMoto)では、Apache Kafkaに対してのレプリケーションが追加されました。 膨大なデータ量を処理する必要があるビッグデータ解析や、毎秒IoTデバイスから転送 … 続きを読む

タグ: , , , ,

[Syniti(旧DBMoto)]レコード競合(コンフリクト)発生時のレコード内容を出力する方法

データベースレプリケーションツールSyniti(旧DBMoto)では、双方向のデータベース差分連携(シンクロナイゼーション)を行うことも可能です。これにより、双方のデータベースで更新が発生する連携システムなどの運用要件に … 続きを読む

タグ: , , , ,

Database Performance Analyzerの評価版インストール方法

Database Performance Analyzer(以下DPA)を使用することで、 ユーザはデータベースに対するクエリの応答時間を把握することができ、 簡単にデータベースの隠れた遅延原因を特定することができます。

タグ: , ,

スケールアップ とスケールアウト [データベース]

スケールアップからスケールアウトへ、SQLからNoSQL、そしてNewSQLへの変遷について 続きを読む

コメントする -->

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方③:グローバルスクリプト用の関数とイベント

前回はグローバルスクリプトの基本的な記述の仕方をご紹介しました。今回はそのグローバルスクリプトで使用できる関数とイベントをご紹介します。

コメントする -->

レプリケーション対象テーブル構成変更後のSyniti Data Replication (旧DBMoto) マッピング対応について

Syniti Data Replication (旧DBMoto)は異種データベース間のレプリケーションツールです。 レプリケーション対象テーブルに実行されたDML文(Insert、Update、Delete)をSyni … 続きを読む

タグ:

Syniti Data ReplicationにおけるDb2 LUWへのバルクミラーリングについて

Syniti Data Replication 9.6では、Db2 LUWへのバルクミラーリング機能が追加されました。 これにより、Db2 LUWに対して変更データを指定したブロックサイズ単位で一括反映でき、 大量の更新 … 続きを読む

タグ:

DBMotoからSyniti Data Replicationへのアップグレード方法

異種データベース間のレプリケーションツールである「DBMoto」が、 Ver 9.6より「Syniti Data Replication」とリネームされました。

タグ:

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方②:グローバルスクリプト

前回に引き続き、 Syniti Data Replication (旧DBMoto) でのスクリプトの書き方をご紹介させていただきます。今回はその中でも特にグローバルスクリプトの基本的な使用方法をご紹介します。

コメントする -->

保護中: Syniti Data Replication (旧DBMoto) 9.6.0.50 リリースノート

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

保護中: Syniti Data Replication (旧DBMoto) 9.6.0.50 リリースノート はコメントを受け付けていません。 -->