SQL Server Expressエディションのデータベースより、DBMotoでミラーリングを実行する方法

DBMotoにおいて、SQL Serverから差分データをレプリケーションする場合、
SQL Serverのディストリビューターを使用するか、トリガーを使用します。

有償版のSQL Server StandardやEnterpriseエディションの場合、
ディストリビューター/トリガー双方ともサポートしておりますが、
無償版のExpressエディションについてはディストリビューター自体がサポートされていないため、
トリガー方式のみの対応となります。

続きを読む

タグ: , , ,

CloudBerry Backupによる SQLServerの自動バックアップ

CloudBerry Backupによる SQLServerの自動 バックアップのステップを紹介します。

続きを読む
タグ: , , , ,

3/19(火)開催Webセミナー録画: Veeam新機能 徹底解説 Part 4:SAP HANA統合:SAP認定ソリューションだから整合性のあるバックアップも簡単・確実!

続きを読む
タグ: , , , , , , ,

2/21開催Webセミナー「 Veeam新機能 徹底解説 Part 1:Oracle RMAN連携 ~運用変えずVeeamでらくらくバックアップ&リストア~」

続きを読む

タグ: , , , , , ,

HiT ODBC/400 v12.0.0.0 Release Notes : 2019/1/30

  • New implementation of the Toolbox
  • Added an Append Trace feature to the Toolbox
  • Added an Open Containing Folder feature to the Toolbox
  • Added a Get Connection String feature to the Toolbox
  • Added a Save As feature to the Toolbox
  • Added support for Windows 10
  • Added support for Scalar Function Escape Sequence, which allows the use of HiT ODBC/400 to connect the Tableau® product to IBM Db2 for i (iSeries, AS/400)
  • Introduced support for automatic sign on
  • Introduced customization of character data by overriding the CCSID
  • Improved management of expired licenses
続きを読む
タグ: , , ,

DBMotoのエラー通知をもっと柔軟に、フィルタ設定で必要な通知のみをメール送付

DBMotoではグループやレプリケーションごとに細かくメール通知の設定を行えます。

DBMotoでメール通知を行うアラート設定

この設定では、メッセージのステータスによる通知可否を指定する他に、フィルタに一致するもののみを通知するように指定できます。

続きを読む

コメントする -->

StambiaのSAPとの接続ツール: Open Connector for SAP

Open Connector for SAPは、SAPアプリケーションと簡単に連携することが出来るStambiaのコネクタです。他のコネクタと同様に使用することで下記のようなメリットがあります。このため、データ統合処理では高いパフォーマンスを発揮します。

続きを読む

タグ:

StambiaのSalesforceとの接続ツール: Open Connector for Salesforce

Open Connector for Salesforceは、StambiaとSalesforceを簡単に連携できるコネクタです。データの抽出または統合を簡素化し、高い生産性を発揮します。他のStambiaコネクタ同様に使用することで、下記のようなメリットがあります。

続きを読む

タグ: ,

保護中: DBMoto 9.5.4.3 リリースノート

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ:

仮想化されたOracleデータベースの適切なバックアップ・リストア手法

エンタープライズ・レベルの企業は、Oracleプラットフォームをミッション・クリティカルなアプリケーションで使用しています。昨今、このOracleプラットフォームをVMwareおよびHyper-V環境で運用されることが多くなりました。その仮想化されたOracleデータベースのバックアップ・リストア手法を紹介します。

続きを読む

タグ: , , , , , , ,

保護中: DBMoto 9.5.2.6 リリースノート

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

コメントを読むにはパスワードを入力してください。 -->

[DBMoto][スクリプト]カラムを結合・分割したレプリケーション

異種データベース間の双方向レプリケーションツールDBMotoでは、スクリプトを使用することでカラムの結合・分割を行いながらデータを同期することも可能です。今回の記事では双方向レプリケーションにおいてカラムの結合・分割を実現するサンプルスクリプトとその設定方法をご紹介いたします。

続きを読む

タグ: , , ,

Microsoft SQL Serverのバックアップとリストア手法

MSSQLは、マイクロソフトが開発したWindowsプラットフォーム上で、最も一般的なリレーショナルデータベース管理システムです。このデータベースソフトウェア製品の主な機能は、他のソフトウェアアプリケーションによって要求されたデータを格納および検索することです。このブログでは、AWSでホストされているMSSQLを見て、Microsoftが提供するバックアップとリストアのプロセスに固有の3つのオプションを示します。このブログでは、MSSQL 2008 R2 Standard Editionを使用しました。ただし、MSSQLによって提供される同じバックアップおよびリストアメカニズムは、他のMSSQLバージョンにほとんど適用可能です。 続きを読む

タグ: ,

[DBMoto]暗号化したデータを復号し保存するデータ連携方法

こちらの記事では、データを暗号化しレプリケーションする方法をご紹介しました。本記事では、この暗号化したデータを復号してデータ連携を行う手法を3ステップでご紹介します。手順1. 復号関数の作成

続きを読む

コメントする -->

[DBMoto]データを暗号化し保存するデータベース移行方法

DBMotoは異種データベース間リアルタイムレプリケーションツールです。複製元テーブルにデータの更新があった場合、更新されたデータを複製先テーブルにリアルタイムで反映することができます。このレプリケーションの機能では、スクリプトを設定しデータを加工することも可能です。本記事ではスクリプトを活用し、テーブル内のデータを暗号化してレプリケーションを行う手法を3ステップでご紹介します。

続きを読む

コメントする -->