初期同期(リフレッシュ)をもっと柔軟にリフレッシュフィルタ機能[DBMoto]

DBMotoでは初回のレプリケーション時や任意のタイミングで全件転送を行うリフレッシュを実施可能です。この全件転送の主な流れとしては、まず、ターゲットテーブルをきれいにするため、ターゲットのテーブルデータを全て削除(TruncateやDeleteなど)し、その後ソーステーブルのデータを全て選択(Select)、ターゲットテーブルに全件挿入(Bulk InsertまたはシングルInsert)するというものです。
https://www.climb.co.jp/soft/dbmoto/outline/mode.html#mode01

これにより、完全にソース/ターゲットテーブルのデータを一致させることができますが、テーブルのデータ量によって長時間かかるケースがあります。

続きを読む

コメントする -->

[ DB2 Connectivity ] 開発キット C# Toolkit で出来ること ~プログラミングレスで検証可能~

IBM DB2(AS/400, z/OS, Windows, Linux, AIX)への接続ドライバ群DB2 Connectivityとして、弊社では下記の製品を取り扱っています。
・.NETデータプロバイダ「Ritmo」
・ODBCドライバ「HiT ODBC」
・OLE DBドライバ「HiT OLEDB」
・JDBCドライバ「HiT JDBC」

続きを読む

タグ: , , , ,

SQL Server on Linuxの可用性について ②

前回の投稿では、SQL Server on Linuxの基本的な可用性について紹介しました。
本記事ではそれ以外の可用性機能について紹介します。

続きを読む

コメントする -->

SQL Server on Linuxの可用性について ①

先日発表されたSQL Server 2017の中に、Linux版のSQL Serverがあります。
しかし、Windows版とLinux版では可用性とフェイルオーバの実行方法にいくつかの制限と変更があります。

続きを読む

コメントする -->

スクリプトを使用してSQL Serverにデータベースを作成する方法

SQL Serverデータベースは手動で作成できますが、スクリプトデータベースのセットアップ方法を知ることは貴重です。ここでは、データベース作成スクリプトの実行に必要な手順を示します。

続きを読む

タグ: ,

AWSへのDB移行/連携を行うには? DBMotoが選ばれる理由

簡単にクラウド環境にデータベースを構成することが可能なAWS(Amazon Web Service) のRDSやRDB on EC2。とても便利なサービスですが、実際にオンプレミスDBの移行/連携を行う場合どのように実施すればよいのでしょうか。

続きを読む

タグ:

GUIでWEB APIも簡単に構築 [Stambia]

スマートフォン・タブレットだけでなく、IoTデバイスも注目されていく中で、WEB APIは強力なデータの連携手段と言えます。WEB APIを使えば、HTTP通信で簡単に様々なデバイスとデータのやり取りを行うことが可能です。便利ですが、このWEB APIのサーバを構築するとなると、WEBサーバの構築に不慣れな方には手間になるでしょう。

続きを読む

コメントする -->

DBMoto差分レプリケーション方式について

異種DB間を双方向にレプリケーションできるDBMoto。これを実現するための差分レプリケーション方式として、トランザクションログ方式もしくはトリガー方式を提供しています。またDBは限定されますが、トランザクションログを独自の形式で保管し、差分レプリケーションを実施するログサーバエージェント方式もございます。
まとめた表が下記です。 続きを読む

タグ:

SQL Serverアプリケーションをスケールアウトしてワークロードを向上させるオプション

大量の処理負荷を満たすためにデータべースをスケールアウトすることは難しいことです。SQL Serverのスケーラビリティメソッドの詳細は、ここをクリックしてください。

続きを読む

コメントする -->

TwitterなどのWEB APIから取得できるデータも簡単にDB/DWHなどへ [Stambia]

世界の流行やトレンドを分析する際に、世界中の人々が利用するSNSのデータは重要なデータソースとなります。さらに、TwitterやFacebookなど、SNS上のデータをWEB APIで取得できるサービスもあります。

続きを読む

コメントする -->