データを制する企業がビジネスを制する — 企業のデータ戦略に変革をもたらす注目テクノロジー

続きを読む
コメントする -->

PostgreSQLでのミラーリングにおけるパーティションテーブルの使用

PostgreSQL 12.4におけるパーティションテーブル

ログベースのレプリケーションとトリガーベースのレプリケーションの両方において、各パーティションに単一のレプリケーションを作成することは常に可能です。この方法はうまく機能しますが、新しく作成されたパーティションを自動的に処理できないという制限があります。同時に、パーティションが削除された場合、アプリケーションは不要になったパーティションのレプリケーションを使い続けます(レプリケーションが手動で削除されるまで)。

続きを読む
タグ:

保護中: Syniti Data Replication (DBMoto) 9.7.4.5 リリースノート

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

コメントを読むにはパスワードを入力してください。 -->

Heroku Postgres と 異種DB間でレプリケーション試してみました[Syniti DR]

Heroku は簡単にアプリケーションの開発から実行、運用までのすべてをクラウドで完結できる PaaSです。このHeroku が使用しているデータベースである Heroku Postgres とオンプレミスの異種データベースとのデータの連携を簡単に行いたいという声をよく聞きます。

続きを読む
タグ: , , ,

Heroku Connectを使用してユーザはHeroku Postgresと Salesforce のデータを同期

HerokuSalesforceの子会社で、アプリケーションの開発から実行、運用までのすべてをクラウドで完結できる PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)です。

続きを読む

タグ: , , ,

保護中: Syniti Data Replication (DBMoto) 9.7.3.3 リリースノート

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

コメントを読むにはパスワードを入力してください。 -->

初期同期(リフレッシュ)がより便利に! ステージングリフレッシュ機能

Syniti Data Replication (以下Syniti DR)では初回のレプリケーション時や任意のタイミングで全件転送を行うリフレッシュ機能が提供されています。
この全件転送の流れとしては、まずターゲットテーブルをキレイにするため、ターゲットテーブルのデータをすべて削除(TruncateまたはDelete)し、その後ソーステーブルのデータをSelect、ターゲットテーブルにInsertするものとなります。

続きを読む

タグ: , , , ,

ビッグデータのAIとDX

続きを読む

コメントする -->

Stambia ユーザー導入事例:仏ランジェリー ブランド Chantelle(シャンテル)

続きを読む
タグ: , ,

保護中: Syniti Data Replication (DBMoto) 9.7.2.28 リリースノート

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

コメントを読むにはパスワードを入力してください。 -->

Stambia Component for SAP:SAPでの異なるデータ統合のユーザ使用例

Stambia Component for SAPは、ユーザがSAP内のすべての異なる機能モジュールと技術モジュールと他のソフトウェア・システムの統合を管理できるように設計されています。それらの使用例を紹介します。

続きを読む
タグ: , ,

Stambia Component for SAPの機能紹介

Stambia Component for SAPを使用すると、SAP ECCに接続して、さまざまなビジネス・モジュールのメタデータをすべてリバース・エンジニアリングすることができます。

続きを読む
タグ: , ,

SAPのデータを利用しやすいExcelへ簡単ダウンロード

Syniti Data WorkbenchはSAPに保存されたデータをExcelファイルにダウンロードすることも可能なツールです。Excelファイルとして出力することで、データの加工や別アプリケーションでのデータの利用などが簡単に行えます。

続きを読む

タグ: , ,

ExcelのデータをSAPへ~3ステップで簡単アップロード~

Syniti Data WorkbenchはExcelへ入力したデータをSAPへアップロードすることで、SAP管理者以外のSAPに詳しくないユーザーであっても、簡単にSAPを運用する助けとなるツールです。

続きを読む

タグ: , , ,

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方⑤:フィールドマッピング関数の書き方

このタイプの関数ではレプリケーションを定義する際の、フィールド(カラム)マッピングのソース列とターゲット列を識別するために使用できます。デフォルトでの動作はソーステーブルとターゲットテーブルのカラムの一致する名前を対応付けします。

続きを読む
コメントする -->