グラフ データベースの時代到来?

データベースの主流はその時代時代で移り変わってきました。1990年代はリレーショナル データベースが一躍脚光を浴びた時代です。リレーショナル データベース(RDB)は今でも変わらずがんばっていると、RDBファンに叱られてしまうかもしれませんが、いちおう2000年代にはベテランの域に達し、いぶし銀の活躍を見せながらも、華々しく脚光を浴びるポジションはXMLやNoSQLデータベースなどの若手に譲りました。2010年代になるとJSON型のデータベースが注目を集め、ビッグデータへの対応が求められる時代になってきました。そして、2020年代はグラフ データベースの時代が来るかもしれません。

続きを読む
コメントする -->

Google Cloud SQLへのレプリケーションを試してみました[DBMoto]

異種データベース間レプリケーションを行えるソフトウェアDBMoto。エージェントレスなアーキテクチャを採用しているので、データベースのプラットフォームに依存せず、例えばクラウド上のデータベースであってもレプリケーションを実施することができます。

続きを読む

タグ: , , , , ,

StambiaでIBM iのデータをAmazon Web Service S3へ簡単プッシュ!!

昨今では様々なBI・分析ツールやサービスが展開されており、企業のこれからの成長戦略や方針を決めるためにデータ分析は不可欠なものとなってきています。

続きを読む

タグ: , , , ,

複数ユーザ管理や統合管理に「リモート接続モード」:DBMoto

DBMotoは「リモート接続モード」に対応しています。このモードを使用することでDBMotoをインスト―ルしたサーバとは別のマシンにDBMotoのリモートコンソールのみをインストールし、そこからリモートアクセスして管理や設定等を行えます。

続きを読む
コメントする -->

外部キーが設定された親子テーブルのリフレッシュの注意点と簡単設定方法

DBMotoで外部キーが設定された親子テーブルを共に全件リフレッシュによるレプリケーションを行う場合には注意が必要です。

続きを読む
タグ:

SQL Server Expressエディションのデータベースより、DBMotoでミラーリングを実行する方法

DBMotoにおいて、SQL Serverから差分データをレプリケーションする場合、
SQL Serverのディストリビューターを使用するか、トリガーを使用します。

有償版のSQL Server StandardやEnterpriseエディションの場合、
ディストリビューター/トリガー双方ともサポートしておりますが、
無償版のExpressエディションについてはディストリビューター自体がサポートされていないため、
トリガー方式のみの対応となります。

続きを読む

タグ: , , ,

CloudBerry Backupによる SQLServerの自動バックアップ

CloudBerry Backupによる SQLServerの自動 バックアップのステップを紹介します。

続きを読む
タグ: , , , ,

3/19(火)開催Webセミナー録画: Veeam新機能 徹底解説 Part 4:SAP HANA統合:SAP認定ソリューションだから整合性のあるバックアップも簡単・確実!

続きを読む
タグ: , , , , , , ,

2/21開催Webセミナー「 Veeam新機能 徹底解説 Part 1:Oracle RMAN連携 ~運用変えずVeeamでらくらくバックアップ&リストア~」

続きを読む

タグ: , , , , , ,

HiT ODBC/400 v12.0.0.0 Release Notes : 2019/1/30

  • New implementation of the Toolbox
  • Added an Append Trace feature to the Toolbox
  • Added an Open Containing Folder feature to the Toolbox
  • Added a Get Connection String feature to the Toolbox
  • Added a Save As feature to the Toolbox
  • Added support for Windows 10
  • Added support for Scalar Function Escape Sequence, which allows the use of HiT ODBC/400 to connect the Tableau® product to IBM Db2 for i (iSeries, AS/400)
  • Introduced support for automatic sign on
  • Introduced customization of character data by overriding the CCSID
  • Improved management of expired licenses
続きを読む
タグ: , , ,

DBMotoのエラー通知をもっと柔軟に、フィルタ設定で必要な通知のみをメール送付

DBMotoではグループやレプリケーションごとに細かくメール通知の設定を行えます。

DBMotoでメール通知を行うアラート設定

この設定では、メッセージのステータスによる通知可否を指定する他に、フィルタに一致するもののみを通知するように指定できます。

続きを読む

コメントする -->

StambiaのSAPとの接続ツール: Open Connector for SAP

Open Connector for SAPは、SAPアプリケーションと簡単に連携することが出来るStambiaのコネクタです。他のコネクタと同様に使用することで下記のようなメリットがあります。このため、データ統合処理では高いパフォーマンスを発揮します。

続きを読む

タグ:

StambiaのSalesforceとの接続ツール: Open Connector for Salesforce

Open Connector for Salesforceは、StambiaとSalesforceを簡単に連携できるコネクタです。データの抽出または統合を簡素化し、高い生産性を発揮します。他のStambiaコネクタ同様に使用することで、下記のようなメリットがあります。

続きを読む

タグ: ,

保護中: DBMoto 9.5.4.3 リリースノート

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ:

仮想化されたOracleデータベースの適切なバックアップ・リストア手法

エンタープライズ・レベルの企業は、Oracleプラットフォームをミッション・クリティカルなアプリケーションで使用しています。昨今、このOracleプラットフォームをVMwareおよびHyper-V環境で運用されることが多くなりました。その仮想化されたOracleデータベースのバックアップ・リストア手法を紹介します。

続きを読む

タグ: , , , , , , ,