Database Performance Analyzerの評価版インストール方法

Database Performance Analyzer(以下DPA)を使用することで、
ユーザはデータベースに対するクエリの応答時間を把握することができ、
簡単にデータベースの隠れた遅延原因を特定することができます。

続きを読む

タグ: , ,

スケールアップ とスケールアウト

続きを読む
コメントする -->

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方③:グローバルスクリプト用の関数とイベント

前回はグローバルスクリプトの基本的な記述の仕方をご紹介しました。今回はそのグローバルスクリプトで使用できる関数とイベントをご紹介します。

続きを読む
コメントする -->

レプリケーション対象テーブル構成変更後のSyniti Data Replication (旧DBMoto) マッピング対応について

Syniti Data Replication (旧DBMoto)は異種データベース間のレプリケーションツールです。
レプリケーション対象テーブルに実行されたDML文(Insert、Update、Delete)をSynitiが検知し、
ターゲットテーブルに対して更新を実行します。
※DDL文(Alter、Drop、Truncate、Create)は対応しておりません。

続きを読む

タグ:

Syniti Data ReplicationにおけるDb2 LUWへのバルクミラーリングについて

Syniti Data Replication 9.6では、Db2 LUWへのバルクミラーリング機能が追加されました。
これにより、Db2 LUWに対して変更データを指定したブロックサイズ単位で一括反映でき、
大量の更新データを高速に反映することができます。

続きを読む

タグ:

DBMotoからSyniti Data Replicationへのアップグレード方法

異種データベース間のレプリケーションツールである「DBMoto」が、
Ver 9.6より「Syniti Data Replication」とリネームされました。

続きを読む

タグ:

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方②:グローバルスクリプト

前回に引き続き、 Syniti Data Replication (旧DBMoto) でのスクリプトの書き方をご紹介させていただきます。今回はその中でも特にグローバルスクリプトの基本的な使用方法をご紹介します。

続きを読む
コメントする -->

保護中: Syniti Data Replication (旧DBMoto) 9.6.0.50 リリースノート

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: Syniti Data Replication (旧DBMoto) 9.6.0.50 リリースノート はコメントを受け付けていません。 -->

Webセミナー録画 [遅延原因を楽々特定! DBパフォーマンスチューニングツール「DPA」のご紹介] 2019/09/19開催

データベースのパフォーマンス監視やチューニングにお悩みではありませんか?
SQLクエリやコード、リソース不足などの様々な要因が相互作用するため、データベースパフォーマンスのボトルネックを特定することは非常に困難かと存じます。

続きを読む
タグ: , , , , ,

データベースはクラウド ファースト

終焉を迎えるオンプレミスの時代

データベースはオンプレミスで設定・運用して、毎晩自動でクラウドにバックアップ保存する、というパターンは今でもけっこう多いのではないでしょうか。クラウドが最初に導入された頃を思えば、大抵の企業において、入り口はそこだったし、そのまま、その入り口からあまり深入りしていない企業も少なくないようです。しかし、その長かった入り口の時代もついに終わりに近づいています。

続きを読む
コメントする -->

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方①

本ブログでもいくつか紹介していますが、Syniti Data Replication (旧DBMoto)ではスクリプトを使ってより高度なレプリケーションや設定の効率化などを行えます。このスクリプトに関して、改めてシリーズで基本的な使い方をご紹介します。

続きを読む
コメントする -->

グラフ データベースの時代到来?

データベースの主流はその時代時代で移り変わってきました。1990年代はリレーショナル データベースが一躍脚光を浴びた時代です。リレーショナル データベース(RDB)は今でも変わらずがんばっていると、RDBファンに叱られてしまうかもしれませんが、いちおう2000年代にはベテランの域に達し、いぶし銀の活躍を見せながらも、華々しく脚光を浴びるポジションはXMLやNoSQLデータベースなどの若手に譲りました。2010年代になるとJSON型のデータベースが注目を集め、ビッグデータへの対応が求められる時代になってきました。そして、2020年代はグラフ データベースの時代が来るかもしれません。

続きを読む
コメントする -->

Google Cloud SQLへのレプリケーションを試してみました[DBMoto]

異種データベース間レプリケーションを行えるソフトウェアDBMoto。エージェントレスなアーキテクチャを採用しているので、データベースのプラットフォームに依存せず、例えばクラウド上のデータベースであってもレプリケーションを実施することができます。

続きを読む

タグ: , , , , ,

StambiaでIBM iのデータをAmazon Web Service S3へ簡単プッシュ!!

昨今では様々なBI・分析ツールやサービスが展開されており、企業のこれからの成長戦略や方針を決めるためにデータ分析は不可欠なものとなってきています。

続きを読む

タグ: , , , ,

複数ユーザ管理や統合管理に「リモート接続モード」:DBMoto

DBMotoは「リモート接続モード」に対応しています。このモードを使用することでDBMotoをインスト―ルしたサーバとは別のマシンにDBMotoのリモートコンソールのみをインストールし、そこからリモートアクセスして管理や設定等を行えます。

続きを読む
コメントする -->