Database Performance Analyzer (旧Ignite)」カテゴリーアーカイブ

データベースおよびSQLクエリのパフォーマンスを監視、分析、調整

Amazon AWSクラウド上でのアプリケーションとデータベースのパフォーマンス問題

クラウド上でのスケーラブルなリソースのため、データベース・パフォーマンスの改善に対しては保証がないのが現状です。データベースは複雑で、CPU,メモリー, 最新の高スピード・ストレージを追加してもデータベースのアプリケーシ … 続きを読む

タグ: , ,

データベースのレスポンス・タイム分析(RTA)

データベースにおけるレスポンス・タイム(応答時間)分析(RTA:Response time analysis)はすべてのウェイト、キュー、時間についての分析になります。

タグ: , , , , ,

DPA(旧Ignite)画面のDBやSQLの表示名変更方法

DPA(旧Ignite)では監視DBのデフォルトの表示名は、サーバ名やインスタンス名で、SQLの表示はハッシュ値やSQL IDでそれぞれ表示されています。

タグ: ,

Storage I/Oの監視【DPA (旧Ignite)のVer9機能】

DPA(旧Ignite)のVer9から、新たにStorage I/Oの監視機能が追加されました。 データベースの速度が低下する原因は、CPUの負荷だけでなくStorage I/Oの負荷も関係しています。 DPAでは、SQ … 続きを読む

タグ:

Database Performance Analyzer (旧Ignite)サーバから問題のあるセッションを切断

Igniteはレコードをロックしてしまっているなどの、問題のあるセッションを特定し、Igniteサーバから切断することが可能です。 セッション情報はIgniteのWebブラウザ上で、対象のDBのSessを選択することで閲 … 続きを読む

タグ:

Database Performance Analyzer (旧Ignite)の情報からSQLチューニング実践:索引編

SQLチューニングは、データベースのパフォーマンスを向上させるために欠かせません。パフォーマンスの根本的な原因は、SQL文による可能性が高いからです。

タグ:

Database Performance Analyzer (旧Ignite)の情報からメモリのチューニング【DBの監視・管理】

検証用にインストールしたOracle 10.2をIgniteに登録し、監視していたところ以下のようにLibrary Cache Hit Ratioの警告が発生していました。

タグ: , ,

Database Performance Analyzer (旧Ignite) for Oracleユーザ事例:Liquid Digital Media

Liquid Digital Mediaはマルチメディア・コンテンツのリアルタイムな配信を行っています。そのシステムは顧客がインターネット小売サイトから個々のミュージックをダウンロードできるものです。顧客が直接ミュージッ … 続きを読む

タグ: ,

Database Performance Analyzer (旧Ignite)のアラート設定について(実行結果アラート編:Custom Alerts)

Igniteのアラート種類の一つであるCustom Alerts(実行結果アラート)では下記のようにSQLやプロシージャの実行結果(数値、ブール値)にあわせて、アラートを通知可能です。また結果がNORMAL, INFO, … 続きを読む

タグ: , ,

Database Performance Analyzer (旧Ignite)のアラート設定について(管理アラート編:Administrative Alerts)

Igniteのアラート種類の一つであるAdministrative Alerts(管理アラート)では下記のようにインスタンスとの接続、エラーによるアラートだけではなく、設定の変更や空き容量の低下に対してもアラート通知が可 … 続きを読む

タグ: ,

DPA(Ignite)のアラート設定について(待ち時間アラート編:Wait Time Alert)

Igniteのアラート種類の一つであるWait Time Alert(待ち時間アラート)では下記のようにSQLの実行時間だけではなく、ユーザやプログラム、マシンのI/Oなど、問題点を明確にした状態で、通知を行うことが可能 … 続きを読む

タグ: ,

DPA(Ignite)のアラート設定について

igniteのアラート設定は3つのカテゴリーに分かれています。

DPA(Ignite)のアラート設定について はコメントを受け付けていません。 -->

SQL チューニングに役立つコスト情報の表示【DPA:データベースパフォーマンスのモニタ・分析ソリューション】

統計情報を元にして行われるコストベースのチューニングを行う際に、Igniteを用いることで効率的にチューニングが可能です。 各クエリの実行にかかった時間を表すグラフから問題となっているクエリを選択します。

タグ: , ,

Database Performance Analyzer (旧Ignite)のレスポンス・タイム分析について

レスポンス・タイム分析は何がアプリケーション・エンドユーザに「待ち」を起こしているか – というDBAと開発者がデータベース管理するにあたって最も重要な基準でアプリケーションとデータベースのパフォーマンスを管 … 続きを読む

タグ:

Database Performance Analyzer : データベースの状態を定期的にメールレポーティング【Ignite:DBパフォーマンス・モニター、レスポンス分析ソフト】

Igniteにメールアドレスを登録しますと、そのアドレスに対して下のようなデータベースの状態やどのようなSQLが処理されたかを表すレポートを定期的に送るよう設定可能です。

タグ: ,