接続ドライバについて【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


DBMotoから各DBに接続する際には、一部を除いて.NET Driverを使用します。
ここではメジャーDBの.NET Driverについて説明いたします。

・DB2/AS400 ⇒ .NET Driver(Ritmo/i)を使用。DBMotoに含まれるのでインストール不要

・DB2/UDB ⇒ .NET Driver(Ritmo/DB2)を使用。DBMotoに含まれるのでインストール不要

・Oracle ⇒ .NET Driverを使用。別途Oracle社からOracle Clientをダウンロードし、.NET Driverをインストール必要

・SQL Server ⇒ .NET Driverを使用。Microsoftの.NET Framework 2.0以上に含まれるので、事実上インストール不要
(DBMoto自体が.NET Framework 2.0 SP2上で稼動するため)

・MySQL ⇒ .NET Driverを使用。別途Oracle社からMySQL Connector/NETをダウンロードし、インストール必要

DBMotoでDB接続設定をする画面では、DBを選択することで自動的に.NET Driverが選択されるようになっています。

※DB2/400の場合

※Oracleの場合

なお、DBによっては.NET Driverの他にOLEDB、ODBCドライバをサポートしています。
しかし、開発元ではパフォーマンス面で.NET Driverを使用することを推奨しております。

デフォルトでは接続ドライバは.NET Driverしか選択できないようになっています。
もし.NET DriverではなくOLEDBやODBCを選択したい場合は、下記の手順で設定変更が必要です。

1. Management Centerのメニューバーから「Tools」→「Options」を選択します。

2. 「Use Only Default Providers」のチェックを外します。

3. DB接続設定画面で、.NET Driver以外のOLEDB・ODBCドライバが選択できるようになっています。
DB2の場合はIBM製.NET Driverも選択できるようになります。

また、Microsoft AccessやNetezzaについては、.NET Driverはなく、ODBCドライバのみのサポートとなります。

DB別対応接続ドライバの詳細については、下記サイトをご確認ください。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください