DBMotoを使用してデータベース変更用の監査ログの作成方法【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


DBMotoを使用してデータベース変更用の監査ログの作成方法について:
Topic ID:KBFAQ1647 (11/18/09)

DBMotoを使用してデータベースへの変更のログ・テーブルを メンテナンスすることは可能です。ソース・テーブルはユーザが監査したいテーブルで、ターゲット・テーブルは起こったすべての変更のログです。レプリケーションはソースとターゲット間で実行されています。しかし変更に関する外部ログをソース・テーブルに保持することを唯一の目的をします。

ターゲット(ログ)テーブルはソース・テーブルのすべてのフィールド、プラス、タイムスタンプとオペレーション(インサート、アップデート、デリート)で起こったタイプの代表される値の追加フィールドを含みます。

● もしレコードがソース・テーブルに追加されると、ターゲット(ログ)テーブルにレコードがインサートされ、そしてタイムスタンプ付きでテーブルのフィールドが設定され、動作のタイプ(インサート)が実行されます。

● もしレコードがソース・テーブルにアップデートされると、ターゲット(ログ)テーブルにレコードがインサートされ、そしてタイムスタンプ付きでテーブルのフィールドが設定され、動作のタイプ(アップデート)が実行されます。

● もしレコードがソース・テーブルに削除されると、ターゲット(ログ)テーブルにレコードがインサートされ、そしてタイムスタンプ付きでテーブルのフィールドが設定され、動作のタイプ(デリート)が実行されます。

下記のサンプルはユーザのソース・テーブルがIBM DB2 for iに、ターゲット(ログ)テーブルがMicrosoft SQL Server 2005に定義されています。レプリケーション・タイプはミラーリングで、テーブルはMicrosoft SQL Server 2005に定義されています。

◎IBM DB2 for i (ソーステーブル)

Create table Testlib.CUSTOMERS
(CustomerID integer,
Name varchar(20),
Address varchar(30),
City varchar(10),
State varchar(5),
Zip integer)

◎Microsoft SQL server 2005 (ターゲットテーブル)
Create table “dbmoto6″.”dbo”.CustLog
(
ID integer identity,
CustomerID int,
NAME varchar(20) NULL ,
ADDRESS varchar(30) NULL ,
CITY varchar(10) NULL ,
STATE varchar(5) NULL ,
ZIP int NULL ,
DateTimeStamp datetime,
Action char
)

■設定方法の詳細は >>> 次のサイトを参照ください。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください