MySQLスロー・クエリログ・アナライザ [DPA]


MySQLのスロー(slow)・ログからデータを抽出・解析

MySQLのスロー・ログを活用して、アプリケーションコンテキストにおけるクエリパフォーマンスを確認する

どのようなクエリがアプリケーションに最も影響を与えるかを確認する必要があります。遅いMySQLログを特定することは良いスタート地点ですが、そもそもなぜクエリの実行が遅いのかを知るには、より深い洞察が必要です。

Database Performance Analyzer(DPA)は、データベースの応答時間をリソースメトリクスと相関させることにより、クエリパフォーマンスとリソース競合、データベースへの影響、アプリケーションパフォーマンスの間の正確なリンクを示すように構築されています。また、数回クリックするだけで、データをフィルタリングして、プログラム内の特定のクエリの待ち時間を表示することも可能です。

MySQLスロークエリログアナライザによる多次元的なパフォーマンス解析の実現

クエリーのチューニングでは、どのシステムリソースが最も使用されているか、あるいは最も待たされているかを知る必要があります。MySQL のログには、クエリがデータベース内で費やした時間、取得したロック、影響を受けた行や送信された行のみが記録されている場合があります。しかし、MySQL Performance Schemaに記録された待機状態、スレッド状態、オペレーションを分析することで、チューニングの際にどこに焦点を当てるべきかがすぐに分かります。

View of MySQL Single Pane of Glass

DPAの MySQL Slow Log AnalyzerのMulti-Dimensional Performance Analysis機能は、データベースパフォーマンスの問題を引き起こす多くの要因を解読する作業を簡素化し、相関関係を導き出すために設計されています。

待機時間ベースの分析を表示し、遅いクエリの原因を理解する

MySQL のスローログにあるクエリがアプリケーションに影響を与えているかどうかを知るにはどうしたらよいですか?それをチューニングした場合、アプリケーションの応答時間が短縮されたかどうか、どのように知ることができますか?遅いクエリや応答時間の正確な原因を理解するためには、待機状態が重要です。

DPA Waittime Analytics

Database Performance Analyzerは、これらの待機状態を監視し、データベースパフォーマンスに最も影響を与える待機状態を特定するために構築されています。待機状態の説明、問題の最適な解決方法に関する推奨事項、および通常このような問題に対処する担当者まで提供することができます。これは、開発者、IT関係者、そしてDBAにとって同様に非常に便利です。

MySQLスローログアナライザーでクエリパフォーマンスの低下を解消するための最適なアドバイスを得ることができます。

Historical_Intelligence

Database Performance Analyzerのチューニングアドバイザーは、遅いクエリやデータベースパフォーマンスの低下を解決する方法について、明確で実用的なアドバイスを提供するように設計されています。Database Performance Analyzer は、5 年前または 5 秒前のデータ・ポイントを照合し、その結果を分かりやすい棒グラフで表示することができます。さらに、このMySQLスロークエリログアナライザーは、問題を取り巻くより詳細なデータにつながるアラームを備えています。これは、DBAが問題に迅速に対処するのに役立ちます。

関連したトピックス