SQL Server パフォーマンス チューニングツール [DPA]


SQLパフォーマン スチューニングによるサーバとデータベースの最適化

DPA Intuitive Performance Monitor

 

SQLのパフォーマンス チューニングにレスポンスタイム解析を活用

DPA Anomaly Detection
レスポンスタイム分析により、データベース管理者(DBA)は、クエリ実行にかかる時間、ひいてはエンドユーザーへの影響を測定することができます。

Database Performance Analyzer(DPA)の応答時間分析機能は、ボトルネックの特定、根本原因の特定、SQL Serverパフォーマンスのチューニング不良によるエンドユーザへの影響に基づく対処の優先順位付けを支援し、目に見えるパフォーマンス改善を実現できるように構築されています。

 

応答時間分析で重要な洞察を獲得

DPA Performance Intelligence

エンドユーザからのクエリ要求に始まり、クエリ応答で終わるエンドツーエンドのプロセスを、その間の各ステップで費やされた時間を含めて特定し、測定します。

応答時間分析では、各クエリの待ち時間をタイプごとに測定し、このデータをクエリ間で比較することができます。調査状況に応じたビューにより、エンドユーザに最も影響を与える作業に優先順位をつけることができます。

 

応答時間分析でSQLチューニングツールを活用する

これは、サーバプロセスやスレッドが、クエリの処理を続行する前に、あるイベントが完了するか、リソースが利用可能になるまで待機する必要がある場合を指します。この例としては、バッファへのデータ移動、ディスクへの書き込み、ロック待ち、ログファイルへの書き込みなどがあります。

DPA-current-view

通常、クエリのリクエストとレスポンスの間には、数百の待ちタイプが渡される必要があります。もし、あるクエリが特定の待ち行列で通常よりも多く待っている場合、それをどうやって確認するのでしょうか?何が “正常 “なのか、どうやって知ることができるのでしょうか?なぜ待たされるのか? どうやって知ることができるのか? そして、どのようにそれを修正するのでしょうか? そこで、レスポンスタイム解析の出番です。DPAは、待ち時間のベースラインを確立し、待ち時間が長くなる原因や修正の可能性に関する情報を提供するために構築されています。

 

SQL Server のパフォーマンスチューニングを簡単に実行

DPA-current-view

クエリ、待ち時間、ユーザーなどのリアルタイムな指標を活用して、SQL Serverデータベースのパフォーマンスチューニングを効果的に行えます。SQL Server チューニング アドバイザーは、緊急に対処が必要なエンドユーザーのパフォーマンス問題を指示し、データベース全体でより効率的な SQLインデックス作成のチャンスを特定するのに役立ちます。

DPAの内蔵分析ツールは、現在のサーバー速度の測定から、クエリ、インデックス、設定の詳細なチューニングの実行、結果の追跡まで、パフォーマンス チューニングのステップを順を追って説明するように設計されています。

関連したトピックス