Espressシリーズ Ver7.0 update 2 リリースノート

Espress製品(EspressChart/Reort/Report ES/Dashboard)の最新版7.0 update 2での修正内容です。

■ ダッシュボードのサウンドアラート機能
■ ダッシュボードのアラートポップアップメッセージ機能
■ レポートデザイナーにて、「データのないレポートを保存する」機能追加
■ クイックデザイナーチャートに3Dチャート軸スケーリングを追加
■ LDAP互換性の改善
■ TomcatでEspressReportとEspressChartを展開するJava Web Start テクノロジの実装
■ レポートビューアにてクロスサイトスクリプティングによるセキュリティ問題の修正
■ BigIntegerのデータ型にて複数値を持つ際の問題を修正
■ レスポンスダッシュボードでいくつかのGUIバグを修正
■ その他いくつかのバク修正

Ver 7新機能③ ユーザビリティの改善! !

先日公開されたERESの最新バージョン7ですが、
前回の記事以外にもいくつかの細かい改善があります。

◆オンラインマップ機能

Quick DesignerとMap Designer、Online Mapsのスタートページにて、
各マップやデザイナーの使用方法についてダイアグラム形式で確認することが可能です。
これにより、新規のユーザや操作に慣れていないユーザにも使いやすく、またイメージしやすくなりました。

続きを読む

Ver7 新機能 ② モバイル環境への表示に適した「Responsive Dashboard」

ERES Ver7より、Dashnoard Builderの新機能として「Responsive Dashboard」が追加されました。

ユーザが使用するモバイル端末やBYOD環境に合わせて、表示を最適化し、BYODにおける業務の効率化を図ることが可能です。
Dashboard作成の際に自由に表示画面幅を設定できるため、画面幅に収まりきらなかった表示を最適化できます。

続きを読む

タグ:

Ver.7新機能 ① ヒートマップ機能でデータの密度も一目瞭然!

先日、ERESの最新バージョン7が公開されました。
今回はその新機能の1つ、「ヒートマップ」について紹介します。

ヒートマップはオンラインマップ機能に追加された新たな機能です。
この機能により、データの密度を簡単に可視化することができます。

続きを読む

タグ:

Espress 6.6 update 27 リリースノート

Espress製品(EspressChart/Reort/Report ES/Dashboard)の最新版6.6 update 27での修正内容です。

  • 数式のパラメータを設定する際の、データ型の比較における厳密さを減らしました。
  • ラベルを式に変換する際に改行を正しく処理するように修正しました。
  • エクセルエクスポートにおけるフォントサイズ計算を改善しました。
  • Java 8におけるパラメータドロップダウンを開く際の問題を修正しました。
  • エクセルレポートにおける無効な数式の値の問題を修正しました。
  • XMLデータソースの後方互換性を修正しました。
  • レポートのセル形式が失われる可能性のある問題を修正しました。
  • 3D円グラフが複数回エクスポートされた場合、位置が変更さる問題を修正しました。
  • スケジュールジョブのパラメータセットを作成する際にパラメータダイアログを表示できない問題を修正しました。
  • エクスポートされたPDFの透明な背景画像に関する問題を修正しました。
  • ダッシュボードドリルダウンのマップに関する問題を修正しました。
  • パラメータ共有に関する問題を修正しました。
  • その他いくつかの不具合修正

Espress 6.6 update 26 リリースノート

Espress製品(EspressChart/Reort/Report ES/Dashboard)の最新版6.6 update 26をリリースしました。

・ダッシュボード内のパラメータ列でSQLの結果がマッピングされたパラメータを使用することができるようにしました。
・EMSMessageServletリクエストにHTTPヘッダを余分に追加できるようにしました。
・XMLデータソース内の欠落データの問題を修正しました。
・ダッシュボード内のパラメータがリフレッシュする問題を修正しました
・上書きコーディネイトファイルダイアログのタイトルを修正しました。
・PDFエクスポートで画像の透明部分が黒になる問題を修正しました。
・バックアップデータを使用する場合にデータベースにアクセスしようとするスクリプトを修正しました。
・Wildflyアプリケーション・サーバー上のクエリデザイナのデフォルトのクエリの状態を修正しました。
・その他いくつかの不具合修正

Espress 6.6 update 25 リリースノート

Espress製品(EspressChart/Reort/Report ES/Dashboard)の最新版6.6 update 25をリリースしました。

・パフォーマンスを向上させるため、ダッシュボードでチャートドリルダウンを追加したときにセキュリティレベルをキャッシュします。

続きを読む

Espress 6.6 update 24 リリースノート

Espress製品(EspressChart/Reort/Report ES/Dashboard)の最新版6.6 update 24をリリースしました。

・マップビルダーの翻訳が可能になりました。
・ダッシュボードパラメータ列でのタイムスタンプをサポートしました。
・保存していない変更がある状態でSQLエディタから出ようとしたときに保存プロンプトを出すようにしました。
・生成されたレポート・チャートのURLでパラメータプロンプトに対しカスタムした日付フォーマットのサポートを追加しました。
・動的SVGマップのパック化をサポートしました。
・ユーザのセキュリティレベルを設定するAPIを追加しました。
・MySQL JDBCドライバをアップグレードしました。
・SQLクエリで複数のORDER BYを使ったときのレポートのパフォーマンスを改善しました。
・エンドユーザーログレポートはadminを含めないようになりました。
・ダッシュボードの共有パラメータダイアログの幅を大きくしました。
・ダッシュボードをアンパックしたとき、ダッシュボードの不正なドリルダウンリンクを、自動的に修正するようにしました。
・セキュリティレベルはSVGマップからドリルダウンをレポートするときにも適用されます。
・エクスポートしたCSVレポートで引用文字列があったときの問題を修正しました。
・ファイルロックでの問題を修正しました。
・ダッシュボードでタイムスタンプ検証メッセージが二度表示されていた問題を修正しました。
・Published Filesからドリルダウンチャートをエクスポートする際の問題を修正しました。
・ダッシュボードドリルダウンでSVGマップでの凡例の位置が誤っていたのを修正しました。
・マップディレクトリパスがアンダースコアを含んでいたときの、動的SVGマップでの問題を修正しました。
・翻訳に関連した複数の不具合を修正しました。
・その他いくつかの不具合修正

統計解析向けR言語: EspressChartの連携でデータの可視化を実現

R言語は、オープンソースでフリーソフトウェアの統計解析向けプログラミング言語、及びその開発実行環境です。R言語は「ベクトル処理」と呼ばれる実行機構により、柔軟な処理を簡便な記法で実現します。

続きを読む

タグ: , , , ,

ERES + Fluentd かんたんログ活用術 – その④ EspressReport ESによる可視化

ERES+Fluentd
EspressReport ES(ERES) + Fluentd かんたんログ活用術の第5弾です。ここまでの記事でログ情報をDBに出力しました。最後にログの活用術としてログの可視化に挑戦します。可視化するために使用するのが弊社取扱い製品のERESです。
ERESサンプルサイト

続きを読む

タグ: , ,