株式会社クライム

クラウド対応ソリューション
AWS対応ソリューション特集
Azure対応ソリューション特集
CloudBerry Backup
Zerto(ゼルト)
HyTrust(ハイトラスト)
チャート・レポート・ダッシュボード
EspressChart(エスプレスチャート)
EspressReport(エスプレスレポート)
EspressDashboard(エスプレスダッシュボード)
EspressReportES(エスプレスレポートES)
仮想化
Veeam Backup & Replication
(ヴィーム バックアップ & レプリケーション)
Veeam Essentials
Veeam ONE(ヴィームワン)
Zerto(ゼルト)
Veeam Management Pack for System Center
Infinio Accelerator(インフィニオアクセラレータ)
Maxta(マクスタ)
5nine Manager(ファイブナインマネージャー)
HyTrust(ハイトラスト)
データベース・アクセス
DBMoto(デービーモト)
Allora(アローラ)
DB2Connectivity(コネクティビティ)
Data Stewardship Platform(DSP)
Stambia(スタンビア)
System Center管理パック
NiCE(ナイス)
EView(イービュー)
VeeamMP(ヴィームエムピー)
製品一覧ページへ
技術資料
総合FAQサイト
総合ドキュメントサイト
製品別テクニカルブログ
クライムYouTubeチャンネル
テクニカルサポート
Web遠隔サポート
テクニカル専用問合せフォーム
導入ご検討中の方
リアルタイムWEBデモ
無料評価版取り扱い製品
イベント&セミナー
開催セミナー一覧
製品別個別セミナー
会社情報
会社概要
採用情報
プレスリリース
地図・アクセス
東京本社
大阪営業所
柏コールセンター
ユーザ会

本社:03-3660-9336大阪:06-6147-8201平日 9:00~18:00

クライムトップ > 製品・サービス > EspressDashboard

強力なKPIプレゼンテーションとWeb配信のためのBIダッシュボードツール

EspressDashboardは、Webベースのエンタープライズ型BI(ビジネス・インテリジェンス)ダッシュボード配信・公開システムです。
ユーザはキーのパフォーマンス・データのクエリー、チャート/レポート/マップ/の作成を簡単に行うことができます。
さらにプログラムを必要とせずに、即時にWebに公開するための自動ダッシュボードにそれらを統合することができます。

EspressChartの構成イメージ

EspressDashboardは、JDBC/ODBC準拠データベース、JNDIデータソース、データウェアハウス、WSDL SOAP, SalesForce SOAP, XMLファイル、Javaクラス・ファイル、EJBなどのデータソースからデータを抽出することができます。
データとしてERP, CRM, 営業管理、ポートフォリオ管理等のアプリケーションからのデータが考えられます。
簡単に言えば、意味のない推量を行うとこなく、ユーザはEspressDashboardを使用して企業の各部門のビジネス・パフォーマンスをWeb経由で視覚化、モニター、管理することができます。

EspressDashboardの利用は非常に簡単です。
プログラムを必要とせず、短時間でのデザインとディプロイを可能とします。スクリプトやコードを書く必要はありません。
チャート、レポート、マップはビジュアル的に作成されます。それらは判り易いポイント・アンド・クリックで、ドラッグ・ドロップなシンクライアント・インターフェースを経由して1つのパネルに統合されているので、エンド・ユーザに即実施可能なKPIダッシュボードを提供することができます。

EspressDashoardは、Webベースのエンタープライズ・ディプロイ用にデザインされています。
またEspressReport/EspressChartのチャート&レポート・エンジンを組み込み、パフォーマンスを最適化させています。
特にロードバランスとクラスター・アーキテクチャーにより数千ユーザ数までスケール・アップが可能です。
また業界で最も判り易いセキュリティ/権限モデルを提供します。
ロール・ベースのセキュリティ・データ・フィルタリング機能がダッシュボードとアドホック・レポーティングの両方に組み込まれています。これにより安全に、そしてタイムリーに正確なデータを適切なユーザに正確な時間で配信することができます。

EspressDashboardは、他のダッシュボード・ソリューションとは違いエンド・ユーザがダッシュボードの作製とディプロイが可能です。
そしてそれらは管理者や開発のオーバーヘッドが無く可能です。Dashboard Builderはエンド・ユーザがシンクライアント環境でカスタムなダッシュボードが作製できる必要なツールを提供します。

主なダッシュボード機能

共有パラメータ ユーザはダッシュボードの各種レイアウトにフィルタ・パラメータを指定することができます。
パラメータは稼動時にKPIの均一な範囲を提供するようダッシュボード上のエレメント間で共有することができます。
制限の無いドリルダウン特定の・データ・ポイントでの詳細情報を確認するために、ユーザはチャート、マップ、レポート、他のダッシュボードにドリルダウンが可能です。
ドリルダウンに関するその深さ、ポイント数には制限がありません。

エレメント・リンク ダッシュボード上の1つのエレメントのデータ・ポイントをクリックすることで、その数値を他のエレメントへ反映させます。実際には同じダッシュボード上での関連するエレメントはクリックされたデータ・ポイントから伝達されたパラメータ値によりリフレッシュされます。

効率的なスペース・フォルダ ダッシュボード上のフォルダにレポートとチャートのグループ単位で配置することができます。これにより、さらに多くの情報をダッシュボード上にパックすることができます。

リアルタイム・リフレッシュ ユーザはダッシュボード上のデータの自動リフレッシュ時間間隔を設定することができます。

スライド・ショー ダッシュボードのグループはカスタマイズしたデータのモニターやプレゼン―ション用としてスライド・ショーとして使用することができます。

柔軟なフォーマット ダッシュボードのチャートは一般的な互換性のある静的なイメージ(JPEG, GIF, PNG等)でも、追加的なビジュアルな表現としてのアニメーション・フラッシュでも表示が可能です。

アーキテクチャ

EspressDashboardはユーザの現状のインフラ環境を最大限に利用できるようにデザインされています。

GUIツールとプログラムで設定が可能

▲ ページトップへ

お電話でのお問い合わせはこちら
03-3660-93369:00~18:00(土日・祝日を除く)
※サポートサービスご契約中のお客様は専用フォームよりお問合せください。

含まれる製品: 含まれる製品
EspressReport ES サンプルサイトはこちら