JBossを使用してEspressChartをディプロイ【Javaチャート・グラフ作成ツールEspressChart】


JBossを使用してEspressChartをディプロイする確認を行う。

最初にJBoss 6.0.0をダウンロードし、今回はWindows上に展開。

次にJBossをオープンして、サーバが稼動しているのを確認。

WARファイルを作成し、フォルダ構成を下記のように設定:

Folder
 - HTML/JSP Files
 - WEB-IN
   - lib
   - classes
   - web.xml

作成したWARファイルをJBOSS Application Serverにディプロイ(WARファイルをディプロイ・フォルダにコピー)

アプリケーションURLをタイプして、ブラウザでオープン。

(HLCOロウソク・チャート例)

これでEspressChartがJBoss上でディプロイされたことを確認。

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください