レポート・帳票をweb上に展開するプログラム【Java対応レポート帳票ツール:EspressReport】


このサンプルプログラムは、EspressReportで作成したレポートやチャートをそのまま web 上に展開するための最もシンプルなプログラムです。

●配置ライブラリ

以下のライブラリをwebアプリケーションサーバに配置する必要があります。

・ReportAPIWithChart.jar
・barbecue-1.5.jar
・ExportLib.jar
・qblicense.jar

●チャート・グラフを表示する場合の注意点

EspreeeReportを使用してチャート・グラフをweb上に表示する場合、「RPTImageGenerator」というクラスファイルの配置が必要となります。Windowsの場合は下記のディレクトリにありますので、webアプリケーションサーバに配置してください。

C:\EspressReport\ImageGenerator\RPTImageGenerator.class

●表示イメージ

●サンプルプログラム

レポートオブジェクトを生成してそのままhtmlに出力している最もシンプルな例です。生成したオブジェクトに対して、プログラムからレポートを細かく制御することも可能です。

————————————————–
package sample;

import quadbase.ChartAPI.QbChart;
import quadbase.reportdesigner.ReportAPI.QbReport;

import java.applet.*;
import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

public class Sample extends HttpServlet {

public void doGet(HttpServletRequest req, HttpServletResponse res)
throws ServletException, IOException {

System.out.println(“Sample Servlet: Do Get….”);

// コンテンツタイプ設定
res.setContentType(“text/html”);
OutputStream toClient = res.getOutputStream();

try {

// バージョンチェック
System.out.println(QbReport.getVersion());

// EspressManager
QbReport.setEspressManagerUsed(false);

// レポートファイルのパス
String reportLocation = “ER/rpt/ERsample.pak”;

// レポートオブジェクトの作成
QbReport report = new QbReport((Applet) null, reportLocation);

// サーブレットディレクトリ
report.setServletDirectory(“ER/”);
report.setDynamicExport(true, “localhost”, 8080);

// エクスポート
report.export(QbReport.DHTML, toClient);

} catch (Exception e) {
e.printStackTrace();
}

toClient.flush();
toClient.close();

}

public String getServletInfo() {

return “Sample Servlet for EspressReport”;

}

}
————————————————–

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください