HiT JDBC/400トレース取得手順 (1171)


AS/400用IBM DB2への接続ドライバであるHiT JDBC/400のトレース取得手順です。
既定ではトレース取得は無効となっておりますが、調査の際にはトレースの取得を依頼させていただく場合がございます。

●方法1(こちらの方が簡単です)

接続オプションの部分に直接 trace_file=*** の追加をお願いいたします。例えば下記の通りです。
url = “jdbc:as400://mydb;libraries=mylib;trace_file=jdbc_trace.txt“;

●方法2

DriverManager.getConnection() を呼び出す前に下記のロジックの追加をお願いいたします。
DriverManager.setLogStream(newPrintStream(newFileOutputStream(“jdbc_trace.txt”)));

トレースを上記の通り設定後、AS/400へのアクセス処理(接続やクエリ発行)を行うことでトレースファイルが出力されます。出力先は実行アプリケーションサーバの場所となります。
例:Tomcatの場合は「<Tomcatディレクトリ>\bin」

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください