HiT JDBC/400: IBM i (AS/400)対応のJDBCドライバ


HiT JDBC/400は100%PureJavaで記述され、Windows/Linux/Unix上で稼働するJavaアプリケーションからIBM i (AS/400)の DB2にSQL アクセスするためのミドルウェアです。HiT JDBC/400はIBM i (AS/400)と業界標準のJDBCファンクション・コールでコミュニケーションが可能で、DB2データ(type 4 driver)の抽出、アップデート、インサートが可能です。HiT JDBC/400はIBM Optimized Database Server protocol standardを利用しているので特別なIBM i ソフトウェアは必要ありません。

主な機能:

●100% Pure Java Type 4 ドライバによる最適なパフォーマンス
●ストアドプロシージャ、複数の結果セット、スタティックSQL/パッケージのサポートによる高速データアクセス
●複数のデータベース上での複雑なトランザクションをサポートする分散トランザクション
●IBM Db2サーバーへのアクセスのためのダブルバイト言語サポート
●SSL v3.xによる暗号化と認証により、安全なデータ転送を実現
●マルチスレッディングによるパフォーマンスとスケーラビリティ
●コネクション・プーリングによるパフォーマンスとサーバアクセスの効率化
●IBM ODBS/DRDAネイティブ・プロトコルのサポート
●IBM Db2のパスワード期限切セキュリティのサポート

システム・リクアイアメント

●  Javaが稼動できるプラットフォーム: JVM 1.02 以上
●  IBM i (AS/400)へのTCP/IP接続
● AS/400 または IBM i (i5, System i, iSeries) : OS/400 V3R7以上

HiT JDBC/400はDB2 Connectivityファミリーに属します。

ライセンスはサーバ版とクライアント版(Windows)があります。

HiT JDBC vs. IBM JDBC

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください