MySQLでバイナリログを使用したミラーリング【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


MySQLがソースDBのとき、これまでは「トリガー」を使用したミラーリングのみ可能でしたが、以下の条件を満たすことでMySQLのバイナリログを使用したミラーリングが可能になります。

●条件

・MySQL 5.1 以上であること
・DBMoto 6.6 以上であること

●準備するもの

拡張ファイル「DBMySqlUtil.dll」が必要です。
DBMoto には同梱されておりませんので、必要な方はお問い合わせください。

●設定手順

1. MySQLの設定ファイルにて、[mysqld]の部分に下記を追加します。

log-bin=binlog
binlog-format=ROW
server-id=111

2. MySQLの接続設定にあるトランザクションログの設定で、MySQLを選択してVerifyを押下します。

※以下のメッセージが表示されればOKで、バイナリログが正しく参照できていることを意味します。

※エラーが表示された場合は、以下の点確認します。

 ・1の設定が正しくできているか
 ・MySQLのバージョンが5.1以上であるか
 ・MySQLのユーザに権限が付与されているか
  付与されていない場合は下記を実行します。

  GRANT SELECT, PROCESS, FILE, SUPER, REPLICATION CLIENT, REPLICATION SLAVE, RELOAD ON *.* TO dbmoto@’%’;
  Flush Privileges;

3. DBMotoインストールディレクトリに「DBMySqlUtil.dll」をコピーします。これはバイナリログを参照したミラーリングをする際に必要なものです。

4. レプリケーション設定にあるトランザクションログ取得設定で、Readを押下して最新のトランザクションIDを取得します。

以上で設定は完了です。あとは実際にミラーリングを実行するだけです。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください