ERES + Fluentd かんたんログ活用術 – その② DBへの出力


ERES + Fluentd かんたんログ活用術の第3弾です。前回の記事で指定ファイルにログを収集しました。ただ、ファイルへの出力ではチャートやレポートのデータソースとしては使いづらいです。そこで今回はDBを出力先として指定し、DBにログを収集してみます。

DBにはPostgreSQLを使用します。このDBにログ情報を送信するためにプラグインを追加します。使用するプラグインは「pgjson」です。PostgreSQLにJSON形式で情報を出力するプラグインです。

事前にPostgreSQL上で格納先となるテーブルを作成します。タグとタイムスタンプとログ情報を入力するカラムが必要です。

CREATE TABLE fluentd (
tag Text
,time Timestamptz
,record Json
);

 

次にプラグインの追加ですが、このプラグインに必要なソフトウェアを先にインストールします。

$yum groupinstall “Development Tools” –y
$yum install postgresql postgresql-devel –y

 

プラグインを追加します。

/usr/sbin/td-agent-gem install fluent-plugin-pgjson

 

インストールが完了したら、環境に合わせてFluentdの設定ファイルを変更します。

<source>
type forwardtype pgjson
</source><match dbmoto.history>
host **.**.**.**
port 5432
database climb
table fluentd
user climb
password ********
time_col time
tag_col tag
record_col record
</match>

 

設定を反映させるため、サービスを再起動します。

$ /etc/init.d/td-agent restart

 

テーブルを確認すると、今までファイルに出力されていたログがDBに出力されていることがわかります。
e+f_10

その③ フィルタリングにつづく

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です