リプリケーションが失敗した後、どうなるのか?【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


[質問]リプリケーションが失敗した後、どうなるのか?
完了しなかったトランザクションから再開、継続されるのか?
現在のスナップショットを一旦取ってからその後リプリケーションを開始と
なるのか?

[回答]リプリケーションのモードにより動作は異なってまいります。
○リフレッシュモード
リフレッシュの途中で中断されたばあい、最初からやり直します。
例えば 100レコードのテーブルの 50レコード完了時にマシンの電源断など
が発生した場合、DBMotoは 電源が回復した後51レコード目から再開するの
ではなく、第1レコードから再開します。
○ミラーリング
ミラーリングは2つのフェーズより構成されます。
第一フェーズは正確なコピーを作ります。このときの動作はリフレッシュモー
ドと同じです。中断されると最初のレコードからコピーしなおします。
第二フェーズは更新の反映です。この部分は中断されたところから再開しま
す。

いずれのモードでもDBMotoが接続の回復を判断して動作します。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください