設定情報(メタデータ)を用いてDBMotoサーバを楽々移行


DBMotoではデータベースへの接続やレプリケーションなどの設定情報(メタデータ)を、GUIの画面から簡単にバックアップリストアすることが可能です。障害発生時に備え設定情報の保護を実施する用途以外にも、DBMotoサーバを移行する目的としても活用できます。

メタデータのバックアップ/リストアを使用した移行

現在のサーバで行う作業

1) DBMotoレプリケーターサービスを停止します。


2) DBMoto管理画面のメタデータを右クリックしバックアップを選択、バックアップ先のパスとファイル名を指定します。


3) バックアップ時に指定したパスにxmlファイルが作成されます。新規サーバのローカル等参照できる場所にファイルを移動させます。

 

新規サーバで行う作業

1) 新規サーバにDBMotoをインストールします。

2) DBMoto管理画面のメタデータを右クリックし、リストアを選択します。

3)リストア方式として「標準リストア」を選択し、先ほどバックアップしたxmlファイルを指定します。
※カスタムリストアはレプリケーション情報を個々にリストアできる機能です。詳細はこちらをご参考ください。


4) 上書きの確認ウィザードがポップアップされるので「はい」を選択します。


5) リストア完了後、メタデータを選択してポップアップされる画面で「はい」を選択します。既存のDBMotoサーバの設定情報が表示されることを確認します。


6) タスクバーより、DBMotoレプリケーターサービスを起動し、正常にレプリケーションが実施できることを確認します。

注意点としてメタデータのリストアでは接続DBやレプリケーション情報以外は移行されません。例えば、アラートやメール通知設定などは別途設定する必要があります。

関連したトピックス

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください