DBMotoからPostgreSQLへ接続するには・・・Npgsqlと外部接続の設定


DBMotoからレプリケーション対象としてPostgreSQLを使用する場合の接続設定:

(1) 接続ドライバのダウンロード

下記よりダウンロード可能です。

・DBMoto8.5、9.0の場合
Npgsql – .Net Data Provider for Postgresql
https://github.com/npgsql/npgsql/releases/tag/v2.2.7

・DBMoto 9.5以上の場合
.NET Framework 4.5.1以上、Npgsql 3.2.7をご利用ください。
https://github.com/npgsql/npgsql/releases/tag/v3.2.7

※Npgsql 4.x以降を使用する場合は、接続設定の拡張プロパティに下記内容を追記する必要があります。
Persist Security info= TRUE

(2) DBMotoマシンからPostgreSQLへの接続を許可する

PostgreSQLは既定ではローカル接続のみで、外部からの接続は許可されていません。
pg_hba.confを編集することで接続可能となります。下記の例ではすべてのマシンからの接続を許可しています(DBMotoマシンのIPのみを指定する方が良いと思われます)

(3) DBMotoからPostgreSQLへ接続する

DBMotoから接続時に接続ドライバであるNpgsql.dllを指定する必要があります。その後はIPアドレス、ユーザID、パスワード、データベース名の指定で接続可能です。

PostgreSQLベースでNpgsql ( .Net Data Provider for Postgresql )が使用可能なデータベース、DWH(データウェアハウス)等に関してもDBMotoでデータ・レプリケーションが可能です。すでにAmazon WebサービスのRedshineの検証が確認しております。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください