DBMotoがサポートするログの出力先・・・ファイル、DB、Windowsイベントログ、Apache Log4Net


DBMotoは全部で4つをログ出力先をサポートしています。
Ver8.1より新たにApache Log4Netをサポート開始しました。

●サポートするログ出力先

・ファイル
・データベース
・Windowsイベントログ
・Apache Log4Net

●ファイルの場合

ファイルの場合、きめ細かな設定が可能です。
・ローテーションは日単位、サイズ単位で指定可能
・最大ファイル保持数を指定可能
・履歴ファイル(テーブル単位でのレプリケーション件数結果)も保存可能

●データベースの場合

データベースの場合は、DBMotoマシン以外のDBへログを保存することが可能です。
・DBなので大容量のログを保存可能
・最大ログ数を指定可能
・履歴ファイル(テーブル単位でのレプリケーション件数結果)も保存可能
・保存先DBはメタデータで使用のもの、他のDBどちらでも指定可能
・レプリケーション対象のDB以外も指定可能

●Windowsイベントログの場合

Windowsイベントログの場合は、Windowsサイドでの管理となるため、他の監視ツールと連携しやすいのが特徴です。
ただし履歴ファイルの保存には未対応のため注意が必要です。

●Apache Log4Netの場合

詳細は下記をご覧ください。(英語ページです)
履歴ファイルの保存には未対応のため注意が必要です。
http://logging.apache.org/log4net/release/features.html

【注意】
※トレースファイルはファイル出力のみ対応となっています。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください